あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
お米は生きている
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お米は生きている

作: 富山和子
絵: 大庭賢哉
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥640 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784062853507

新書/192ページ

出版社からの紹介

日本人にとってお米とは、何なのでしょう? お米は、いのちのもとでした。お金のかわりでもありました。財産のかわりでもありました。お米をとる暮らしから、日本の田園風景が生まれました。お米がたくさんとれるよう、神様に祈り、祭りが生まれました。そして、水田は、小さなダムでもありました。水田の水は、ゆっくりと地面にしみこんで地下水となり、やがて下流で川に注ぎこんでいるからです。お米は日本の文化の土台でもあったのです。
 ロングセラーノンフィクション、「生きている」シリーズの第4弾で、産経児童出版文化賞大賞を受賞した作品を、青い鳥文庫に初めて収録。自然や、人間のくらしの見え方がきっと変わる、小中学生から大人まで、必読の1冊!

ベストレビュー

米作と日本人

『川は生きている』『道は生きている』『森は生きている』の3部作に感銘を受けたので、
こちらも読んでみました。
日本の国土を育んできた、川、道、森とはまた違う視点から、
つまり、米作に焦点を当てて、その恩恵を解説してあります。
お米がいかに優れた作物か、稲作が日本人にとっていかに大切なものだったのかがよくわかります。
縄文時代からの解説は、日本の歴史そのもの。
写真や地図などもふんだんに紹介し、読者の身近な関心も引き出してくれます。
調べ学習の題材がたくさんあるような気がします。
農業問題に危機感を感じた作者の想いも伝わってきます。
日本人なら、もう一度、お米について考えよう、と思えるはずです。
また、文章の語り口も素敵で、思わず聞き入ってしまうような説得力があります。
小学校高学年くらいから、是非読んでほしいです。

(レイラさん 50代・ママ 男の子22歳、男の子20歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富山和子さんのその他の作品

海は生きている / ひみつの山の子どもたち / 川は生きている 自然と人間 新版 / 講談社 青い鳥文庫 森は生きている / 講談社 青い鳥文庫 道は生きている / 講談社 青い鳥文庫 川は生きている

大庭 賢哉さんのその他の作品

戦争にいったうま / スポーツのおはなし(リレー) 空に向かって走れ!  / 講談社青い鳥文庫 盲導犬引退物語 / シノダ!(11) 夢の森のティーパーティー / トマとエマのめいろのくに / ポプラ世界名作童話(24) 宝島



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

お米は生きている

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット