新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

せなか町から、ずっと

せなか町から、ずっと

  • 児童書
著: 斉藤 倫
画: junaida
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「せなか町から、ずっと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年06月20日
ISBN: 9784834082678

小学中学年から

出版社からの紹介

わしは、何百年も海の上を漂っている。その姿は、マンタと呼ばれるおおきなえいに似ているらしい。とにかくわしはおおきくて、わしにくらべたら、クジラはまるで小魚のよう。これから話すのは、ぜんぶ、わしのせなかにできた「せなか町」で起こったこと。あまのじゃくなカーテン、少女の涙からうまれた極上のハチミツ、はこからちっとも出てこようとしないネコ。ちいさくてささやかだけれど、どれもとびきりふしぎなお話なんじゃ。

ベストレビュー

短編集

年老いた海の王(マンタに似た生物)のせなかの上にあるせなか町を舞台にした短編集。
おばあさんのために窓を覆うひねくれカーテンの話だったり、遊んでいるときに自分の名前を落としてしまった女の子の話だったり。
ふしぎな童話たちでよかったです。
せなか町でのお話たちなので登場人物たちが話のあちらこちらでつながっていて、ちょくちょくこの人また出たと思ったり。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 倫さんのその他の作品

あしたもオカピ / 飛ぶ教室 第65号 ひみつのはなし / さいごのゆうれい / レミーさんのひきだし / レディオワン / まちがいまちに ようこそ

junaidaさんのその他の作品

街どろぼう / 怪物園 /  / Michi / HUG


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > せなか町から、ずっと

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

せなか町から、ずっと

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット