話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

ひっこしをしたかばのこカバオ

ひっこしをしたかばのこカバオ

  • 児童書
作: 森山 京
絵: 木村 かほる
出版社: 風濤社

本体価格: ¥1,300 +税

「ひっこしをしたかばのこカバオ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年06月20日
ISBN: 9784892194153

A5/152ページ

出版社からの紹介

おおきくても ちっちゃい かばのこカバオのかぞくは、
遠くの町へひっこすことになりました。
すみなれた家とも、だいすきな友だちとも、おわかれです。
カバオはさみしくて かなしくてたまりません。
いやいやながら、あたらしい町へ うつります。
さあ、そこではどんなできごとが、カバオをまっているでしょうか。
9篇収録。

子どもがであうべき、言葉と物語。
『かばのこカバオ』シリーズの3冊目、待望の復刊。
大人が、子どもに読み聞かせてほしい幼年童話です。

★本書は『ひっこしをした かばのこカバオ』(1988年、偕成社)の復刊です。

ベストレビュー

お引越しの子供の心、成長

図書館で読みました。
カバの男の子が、お父さんの転勤でよその町に
お引越しをすることになりました。
大好きな友達との別れ、住み慣れた自分の部屋との別れ。
いろいろなことで胸がいっぱいになってしまいます。
聞いた友達もそれぞれにさみしい思いです。
でも、新しい生活がはじまり、家にも慣れて、やがて友達もできます。
お引越しの子供の心、成長が丁寧に描かれていると思います。
そして最後には、待望のお兄ちゃんになります。
(capellaさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森山 京さんのその他の作品

おじいさんは川へ おばあさんは山へ / ポプラ世界名作童話(28) 幸福の王子 / 紙芝居 しましま / おばあちゃんのわすれもの / ハンカチさがし / まだまだちっちゃい かばのこカバオ

木村 かほるさんのその他の作品

大きくてもちっちゃい かばのこカバオ / はじめての手芸シリーズ(4) ちくちく布の絵本 / はじめての手芸シリーズ(2) ふわふわ布のおもちゃ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > ひっこしをしたかばのこカバオ

 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

ひっこしをしたかばのこカバオ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット