宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
りきしの春
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りきしの春

  • 絵本
作: 春風亭昇太
絵: 本 秀康
編: ばば けんいち
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年02月
ISBN: 9784251095053

小学校低学年から
A4変型判/32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

さまざまな流派の人気落語家10人の噺を、古典新作おりまぜ1冊ずつ絵本にする企画で、落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシリーズです。力士になりたいたかのつめくんは、毎日相撲のことばかり。小学校の生活の中でみんなをまきこみ成長する姿を描いたゆかいな噺。笑点でもおなじみ・春風亭昇太の新作落語の代表作が、本秀康のイラストでかわいくおかしな絵本に!

ベストレビュー

創作落語を楽しめます♪

古典と新作 らくご絵本シリーズ 第5弾
だそうです

国民的人気の「笑点」の司会に抜擢され
飛ぶ鳥の勢いの昇太さんの
創作落語で
古典を生かしているとのこと

絵が、ナンセンスっぽくって
すみません・・・あまり好みではないのですが
気になって読んでみました

だじゃれ 言葉遊び というより
やはり、「落語」なんでしょうね
「オチ」も なるほど!

お相撲さんの業界言葉を知っていないと
ちょっと理解出来ないかもしれませんね
小さい子より
小学中学年位の
特に男の子のギャングエイジは「ツボ」かも

お相撲さんの知識がなくても
ナンセンスOKな子は
OKでしょうね、きっと

第1〜4弾も探してみます!
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

本 秀康さんのその他の作品

クッツケロ / とりかえちゃん / ちきゅうのへいわをまもったきねんび / まじかるきのこさん きのこむらはおおさわぎ / まじかるきのこさん / おしりとり

ばば けんいちさんのその他の作品

夢金 / だんご屋政談 / モモリン / とのさまと海 / ぬけすずめ / 王子のきつね



>絵本エイド ―こころにひかりを―

りきしの春

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット