とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
日本絵本賞読者賞にノミネート! 投票してくださいね
福よ、コイコイ♪幸せがいっぱい訪れそうな「絵本おふくさん」の複製原画、できました♪
さわってごらん! よるの星
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さわってごらん! よるの星

  • 絵本
作: クリスティ・マシソン
訳: 大友 剛
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「さわってごらん! よるの星」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年08月05日
ISBN: 9784865490770

3.4歳から
25×25p ・39頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「こんいろの そらが おりてきて
おひさまに さよならをする
それは まいにち おとずれる
きせきの じかん」

夕暮れのワンシーンからスタートして、次のページには小さなホタル。
「やさしく ホタルに さわってみて」
絵本にはそう書いてあります。
そのとおりにそっとホタルに触れてみてください。
そしてページをめくると……

ほら! ホタルが光るんです。
空をあちこちさわってみると、空のあちこちにホタルが……。
「そっと いきを かけてみて」
「こじかを なでて『おやすみなさい』って いってごらん」
「ゆっくり みっつ かぞえてみよう」
呼びかけられるたびに、私たちは絵本に参加します。
画面はまるで、私たちの動きに応えるように、展開していきます。

夕暮れから夜。そして夜は深まり、夜明けの兆しまで。
子どもたちが寝ている間、毎晩ひそやかに繰り返される夜の出来事。
どこかで光るホタルが飛びはじめ、星が輝きはじめ、月が出て、フクロウが鳴く……。
実際に絵本が発光するわけではないし、動くわけではないのに、本当にそれが起こっているように感じられるんです!
お話は素朴ですが、まさに絵本の「魔法」を味わえる一冊です。

美しいグラデーションで描かれる、青紫や青緑の色彩も見応えがあります。
ニューヨークの出版社から2015年に発売されたクリスティ・マシソンの翻訳絵本。
素敵な絵本です。お子さんといっしょにぜひ体験してみてください。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

太陽が沈むと、どこかでホタルが飛び始め、フクロウが起きだし、星が瞬きだす…。それは、毎晩子どもたちが寝ている間に繰り返される奇跡のようなできごと。そのできごとを、読者がお話に参加して楽しむ絵本です。
画面に描かれたホタルに触ったり、夜空をこすったり、月にささやいたり…。そうして、ページをめくると―さあ、何が起きるかな?

ベストレビュー

静かに楽しめ、ちょうどよかった

本屋さんでお薦めされていて図書館で借りてみました。
以前「さわってごらん! ふしぎな ふしぎな まほうの木」も読んだことが
あったので、そこまで目新しくはなかったのですが、
こどもも楽しく触ったりしていました。

寝る前に興奮させすぎるのも困りものですが、
静かに楽しめ、ちょうどよかったです。

寝る前にはぴったりだけど、
どちらかといえば前作の方が
私は好きかな。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子4歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クリスティ・マシソンさんのその他の作品

さわってごらん! ふしぎな ふしぎな まほうの木

大友 剛さんのその他の作品

えがないえほん / ねこのピート はじめてのがっこう / ねこのピート だいすきなよっつのボタン / ねこのピート だいすきなしろいくつ / もったいないばあさん まほうの くにへ



人気絵本『にたものランド』のクリスマス版。プレゼントにも♪

さわってごらん! よるの星

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット