キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
せなかのともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せなかのともだち

  • 児童書
作: 萩原弓佳
絵: 洞野 志保
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「せなかのともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年06月22日
ISBN: 9784569785608

小学校低学年から
A5判上製 79ページ

出版社からの紹介

第16回創作コンクールつばさ賞(童話部門)優秀賞受賞作!

フンズワ森には、いじのわるいヒツジと、おこりんぼうなハリネズミが住んでいました。
ある日、がけの上からヒツジの背中にハリネズミが落ちてしまい、ヒツジの毛とハリネズミのハリがからまってしまいました。
ヒツジが動けば動くほど、ハリネズミのハリはヒツジの毛にからまっていきます。
「だれだ、お前は!」
「お前こそ、だれだ!」
ヒツジとハリネズミはお互いを見ようとしますが、まったく見えません。
言い争いを続けているうちに、ふたりはようやく気づきました。
“これは、自分たちでは引き離せない”と。
だれかにとってもらわなくてはいけません。
ところが、いつもえらそうにしているふたりは、やさしい顔つき、やさしい言い方でお願いすることができなくて、みんなに断られてばかり……。

素直になることの大切さや、お互いを思いあうことの大切さを描いた幼年童話です。

せなかのともだち

せなかのともだち

ベストレビュー

ひきこまれました

タイトルからどんな内容だろうとよみはじめました。
はぎれのよい文章と迫力のある動物の絵にひきこまれ、一気によんでしまいました。 こんな悪そうなひつじと悪そうなはりねずみの表情は見たことがありません! 最初は、あまりのはじけた悪ぶりがおかしくもあったのですが、どんどん心配になりました。 読み終わってみれば、すごくいいお話だったなあ、と。大切なことが、ストレートに伝わってきました。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


洞野 志保さんのその他の作品

きつねどん / まるきのヤンコ スロバキアの昔話



「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

せなかのともだち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット