話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
人くい鬼

人くい鬼

  • 絵本
原作: グリム
文・絵: こみね ゆら
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年06月30日
ISBN: 9784751528167

小学校低学年
B5変型判 23.6×18.6cm

出版社からの紹介

お妃さまが海へ流した金のゆりかご。赤ちゃんの無事を祈る心とはうらはらに、流れ着いたのは、なんと人くい鬼の島!知られざるグリム童話の一編を、こみねゆらが絵本化。

ベストレビュー

ハッピーエンドでよかったです

生まれたばかりの赤ん坊をのせた金のゆりかごを海にそっと

流したおきさきが、どうしても理解出来ません。

流れ着いたのが、運悪く人くい鬼のいる島だったのですが、

赤ん坊があまりにも可愛かったので、大きくなったら息子の嫁に

しようと人目をさけて大切に育ててもらったのは、よかったなあ

と思いました。若く美しい王子と知り合い、二人は、人食い鬼の三

つのお宝を持ち出して逃げ切ったのですが、魔法の杖をあまりに

も勢いよく振ったので、杖を放り投げてしまったので、バラの花と

蜂の姿で元には戻らなくなってしまいました。

二人がいたのは、女の子のおかあさまの花園だったので、再会

もでき、魔女に魔法をといてもらって二人は、結婚式をあげると

いうハッピー・エンドでよかったです。

やっぱり、どんな事情があったのか、知りたくなりました。

こみねゆらさんの描く優しい絵に癒されました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / ラプンツェル / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき / 紙芝居 ハンスのしあわせ

こみね ゆらさんのその他の作品

魔法のたいこと金の針 / こどもべやのおともだち アンナとビイプ / もりのちいさなしたてやさん / ポプラ世界名作童話(13) 若草物語 / もみの木のねがい / しあわせなおうじ



今月の新刊&オススメ絵本情報

人くい鬼

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット