宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
人くい鬼
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

人くい鬼

  • 絵本
原作: グリム
文・絵: こみね ゆら
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「人くい鬼」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年06月30日
ISBN: 9784751528167

小学校低学年
B5変型判 23.6×18.6cm

出版社からの紹介

お妃さまが海へ流した金のゆりかご。赤ちゃんの無事を祈る心とはうらはらに、流れ着いたのは、なんと人くい鬼の島!知られざるグリム童話の一編を、こみねゆらが絵本化。

ベストレビュー

グリムのハッピーなお話し 人くい鬼とは

生まれたばかりの赤ちゃんを金のゆりかごにのせ海に流したなんて
おきさきさまには どんな事情があったのでしょうね?
その赤ん坊の運命

グリムのお話にしては人くい鬼が出てくるけれど あまり怖くないのです
こみねゆらさんの絵がかわいいからでしょうか
 
お話しの筋は 日本の昔話の三枚のおふだに ちょっとにた場面があります
おひめさまと王子の出会いが作り話のようです
そしてもう一つ ラスト   こんな作られた偶然があるんですね・・・・

お話しの世界    ハッピーエンドのお話しです

グリムのお話にもこのようなのがあるのですね 
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / ラプンツェル / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき / しらゆきひめ

こみね ゆらさんのその他の作品

こどもべやのおともだち アンナとビイプ / もりのちいさなしたてやさん / ポプラ世界名作童話(13) 若草物語 / もみの木のねがい / しあわせなおうじ / 空とぶじゅうたん(1)



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

人くい鬼

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット