季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ヒロシマ(一)歩きだした日

ヒロシマ(一)歩きだした日

文: 那須 正幹
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ヒロシマ(一)歩きだした日」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784591125212

小学高学年
サイズ:19.5cm x 13.5cmページ数:305ページ

出版社からの紹介

昭和24年、市橋靖子は娘の和子と母と広島でお好み焼店を開く。夫は原爆で和子を助けてなくなった。サイズ:19.5cm x 13.5cmページ数:305ページ

ベストレビュー

原爆の後を生きる

原爆はとても悲惨な出来事でしたが、生存者たちの苦悩もひしひしと感じさせられる物語です。
原爆症の不安を持ちながら、逞しく生きていこうとする母娘。
父親が原爆で死んでしまったために、嫁ぎ先から縁を切られてしまうという現実も、あったのかと、些細な事実の積み重ねの上に書かれた物語です。
三代に渡って書かれる物語なので、まずは次の巻を早く読みたいと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

那須 正幹さんのその他の作品

めいたんていサムくんとあんごうマン / めいたんていサムくん / 秘密基地のつくりかた教えます / ヨッちゃんのよわむし / 塩田の運動会 / 少年たちの戦場


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > ヒロシマ(一)歩きだした日

3月の新刊&オススメ絵本情報

ヒロシマ(一)歩きだした日

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット