はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろうの試し読みができます!
著: 柳原 尚之 絵: 近藤 圭恵  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
旬の食べものでおいしい和食!冬においしい10のごちそうのレシピを楽しいお話と一緒に紹介
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
えんとつと北極のシロクマ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

えんとつと北極のシロクマ

  • 絵本
写真・文: 藤原 幸一
出版社: 少年写真新聞社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年07月15日
ISBN: 9784879815729

B5判  40ページ カラー 上製本

出版社からの紹介

地球温暖化の影響で、20年前より海が凍る期間が短くなっている北極。シロクマたちにとっては生きづらい環境となり、さらには、えんとつのけむりから汚染物質ががせまってくる……。ぼくたち人間は、シロクマや地球にこれから何を残そうとしているのでしょう?

えんとつと北極のシロクマ

えんとつと北極のシロクマ

ベストレビュー

地球の温暖化が 北極のシロクマたちを追いつめている

北極のシロクマが泣いている

生態ジャーナリストの藤原幸一さんの訴えていることが良く分かりました
地球温暖化は 人間達が、暮らしの中で たくさんのCO2を排出しています
 
地球が暖かくなり 北極の氷りが解け シロクマが生きるために 食べなくてはならないアザラシが 海に逃げてしまい 食べ物がなくなり    死んでいく シロクマがいます

生態系が 壊れ 人間が使う農薬などの毒が 海に流れ さかなたちが 汚染され 動物たちが 危機に瀕しています

人間の暮らしが 豊かになっているように思いますが
大きな間違った生き方をしているのだと思いました

16歳の グレタさんは 国連の温暖化対策サミットで 大人達に訴えました   大人の責任です!

「この気候変動が 生態系を壊している」   
どうしたらいいか みんなが真剣に取り組むことが 求められています

この本の訴えを  大人はもちろんのこと  
こども達にも 伝え これからの生き方を考えてもらえたらと思います
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤原 幸一さんのその他の作品

プラスチック惑星・地球 / はらぺこゾウのうんち / 地球の森のハートさがし / 環境破壊図鑑 ぼくたちがつくる地球の未来 / ペンギンかぞくとおそろしい山 / 森の顔さがし



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

えんとつと北極のシロクマ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット