日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
そだつ(五感のえほん9)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そだつ(五感のえほん9)

  • 絵本
文: 寺山修司
絵: 小竹 信節
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥2,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「そだつ(五感のえほん9)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年07月15日
ISBN: 9784835451909

幼児〜小学校低学年向き
A4変・上製 40 頁

出版社からの紹介

<五感のえほん>シリーズ第9弾は、『そだつ』
天才にして鬼才・寺山修司が
あたたかな眼差しで人間の成長を追求した傑作絵本が新装版で復活。
演劇実験室「天井桟敷」の美術監督をつとめた小竹信節との豪華共演を存分にお楽しみください!

わたしは、じぶんの からだの なかに
あたらしい いのちを かんじた。

『そだつ』は、“わたし”を通じて、人間の成長の軌跡を描く作品です。
シンプルな言葉ながらも非常に奥の深いテラヤマ・ワールドを、ぜひお楽しみください。

▼著者プロフィール
寺山修司(てらやま しゅうじ)
1935年青森県生まれ。
県立青森高校在学中より俳句、詩に早熟の才能を発揮。早大教育学部に入学(後に中退)した1954(昭和29)年、「チエホフ祭」50首で短歌研究新人賞を受賞。
以後、放送劇、映画作品、さらには評論、写真まで、活動分野は多岐にわたる。とりわけ演劇には情熱を傾け、演劇実験室「天井棧敷」を主宰。その成果は国際的にも大きな反響を呼んだ。1983年没。

小竹信節(こたけ のぶたか)
1950年 東京生まれ。
1975年から83年まで演劇実験室「天井桟敷」の美術監督として後期寺山修司全作品の舞台美術及び映画美術を担当。その後は演劇、オペラ、コンサートなどの舞台美術を手掛ながら、造形作家としても活動。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授。白井晃演出作品では、遊◎機械/全自動シアター作品のほか、『銀河鉄道の夜』『ラスト・チャンス・キャバレー』『中国の不思議な役人』などを手掛けている。

そだつ(五感のえほん9)

そだつ(五感のえほん9)

ベストレビュー

劇作家の人の文に舞台美術の人の絵。

作者の寺山修司さんは知る人ぞ知る、演劇界では有名な劇作家です。(演劇以外にもいろいろな執筆活動をされていたようですが)
なので、言葉の表現がとても詩的で世界観が独特で、これぞ“寺山修司”という感じでした。

この絵本は一人の女の子が成長していく過程を
その主人公の姿は一度も描かずに、その子の視線の先を描いて表現しています。
大人の階段を上っていく感じがはっきりとうかがえるので、
決して悪い作品ではありませんが、不特定要素の多い教室などで思春期真っ盛りの子どもたちに読み聞かせとかは使いづらいです。
寺山修司さんに興味のある人、イラストを担当した舞台美術の小竹信節さんに興味のある人。
一人での黙読をお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


寺山修司さんのその他の作品

かもめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

そだつ(五感のえほん9)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット