新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
おしごとのおはなし コックさん のはらキッチンへぜひどうぞ

おしごとのおはなし コックさん のはらキッチンへぜひどうぞ

  • 児童書
作: まはら 三桃
絵: 木村 いこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年11月
ISBN: 9784062197816

A5 80ページ

出版社からの紹介

さやかは、洋食のレストラン〈のはらキッチン〉のひとり娘です。ドッジボールでチームが負けたのを、同じクラスの翔太にさやかのせいにされて、気分は最悪! でも、お父さんがつくった、にんにくのきいたチキンステーキや、甘〜いにんじんのグラッセを食べたら、そんな気持ちも吹き飛んじゃう。それくらい、コックさんであるお父さんの料理はおいしいのです。 〈のはらキッチン〉は月に二回、キッチンカーで総合病院に出かけます。その病院に入院したことのあるお父さんが、かんじゃさんたちにおいしい料理を食べて元気になってほしいとはじめたサービスなんだけど、ん? さやかの知っているメニューだけど、料理の方法がちがうみたい……。 いろいろな立場にいる人をニッコリ笑顔にしてくれる、おいしい、おいしい料理たち。コックさんは、食べてくれる人が、いまどんな気持ちでいるのか想像しながら、今日も腕をふるっているのです!

ベストレビュー

食べる人の気持ち

コックさんは食べる人の気持ちを考えてつくることが大切なんですね。
言われてみればたしかに。まあそうでないコックさんもいることはいるけど。
さやかの両親はキッチンを営んでいます。病院へも料理を届けます。
相手のことをよく考えているのがわかってよかったです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


まはら 三桃さんのその他の作品

かがやき子ども病院トレジャーハンター / 零から0へ / じりじりの移動図書館 / 無限の中心で / 空は逃げない / パパとセイラの177日間 保険外交員始めました

木村 いこさんのその他の作品

おてがみで あいましょう / おはなしSDGs 質の高い教育をみんなに 未来のハッピースクール計画! / まじょばーのたまごやき / かみさまのベビーシッター / わんこのハッピーごはん研究会! / ぼくのネコがロボットになった


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > おしごとのおはなし コックさん のはらキッチンへぜひどうぞ

対談『ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん』

おしごとのおはなし コックさん のはらキッチンへぜひどうぞ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット