これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おしごとのおはなし コックさん のはらキッチンへぜひどうぞ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしごとのおはなし コックさん のはらキッチンへぜひどうぞ

  • 児童書
作: まはら 三桃
絵: 木村 いこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年11月
ISBN: 9784062197816

A5 80ページ

出版社からの紹介

さやかは、洋食のレストラン〈のはらキッチン〉のひとり娘です。ドッジボールでチームが負けたのを、同じクラスの翔太にさやかのせいにされて、気分は最悪! でも、お父さんがつくった、にんにくのきいたチキンステーキや、甘〜いにんじんのグラッセを食べたら、そんな気持ちも吹き飛んじゃう。それくらい、コックさんであるお父さんの料理はおいしいのです。 〈のはらキッチン〉は月に二回、キッチンカーで総合病院に出かけます。その病院に入院したことのあるお父さんが、かんじゃさんたちにおいしい料理を食べて元気になってほしいとはじめたサービスなんだけど、ん? さやかの知っているメニューだけど、料理の方法がちがうみたい……。 いろいろな立場にいる人をニッコリ笑顔にしてくれる、おいしい、おいしい料理たち。コックさんは、食べてくれる人が、いまどんな気持ちでいるのか想像しながら、今日も腕をふるっているのです!

ベストレビュー

食べる人の気持ち

コックさんは食べる人の気持ちを考えてつくることが大切なんですね。
言われてみればたしかに。まあそうでないコックさんもいることはいるけど。
さやかの両親はキッチンを営んでいます。病院へも料理を届けます。
相手のことをよく考えているのがわかってよかったです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


まはら 三桃さんのその他の作品

ぎりぎりの本屋さん / 疾風の女子マネ! / 青(ハル)がやってきた / 奮闘するたすく / 三島由宇、当選確実! / ひかり生まれるところ

木村 いこさんのその他の作品

わんこのハッピーごはん研究会! / ぼくのネコがロボットになった / ねこ天使とおかしの国に行こう! / 魔法のレシピでスイーツ・フェアリー / ひま人ヒーローズ! / コケシちゃん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

おしごとのおはなし コックさん のはらキッチンへぜひどうぞ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット