日本のことわざかるた 日本のことわざかるた
作: 西本 鶏介 絵: いもと ようこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
かわいいイラストで日本のことわざを遊びながら覚えられるかるたです。絵札の裏には、ことわざの解説もついています。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 柚木 沙弥郎
出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 2016年10月15日
ISBN: 9784895881364

26×25cm 40P

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


レビューを書いて3000円図書カード


あなたの気になる2016年の絵本は?


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」


柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

出版社からの紹介

賢治がのこした一冊の手帖。
そのなかにあった言葉が、
多くの人々の心をゆさぶりつづけている。
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、
作品として書かれたものではなく、
賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。

※巻末に賢治の弟、清六の孫、宮沢和樹氏のエッセイ、
「雨ニモマケズ」手帖の画像を掲載。

「宮沢賢治の絵本」シリーズ

宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ

宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ

ベストレビュー

こんな「雨ニモマケズ」もいいね

 清々しい明るさに満ちた絵本です。入園・入学・成人のお祝いなどにもおすすめできる一冊だと思いました。
 本を開くと、真っ白(この白さが際立ってます!)な背景、右ページに美しいフォントの文字、左ページに鮮やかな色彩の絵が一体となって目に飛び込んできます。1ページにワンフレーズずつ区切られているので、ひとことひとことゆっくりかみしめるように言葉を味わうことができました。教訓的な詩として読まれたり、求道者のストイックな詩として読まれたり、千差万別の読み方があっていいと思いますが、子どもに宮沢賢治だよって手渡すなら、これくらい明るいもののほうが好きです。「ソウイウモノニワタシハナリタイ」という最後の言葉が、ストンと心におさまる感覚を、子どもにも味わってもらえるのではないかと思いました。温かみを感じさせてくれる色の絵が尚一層親近感を与えてくれます。色がほんとうにきれいです。
 巻末の、宮沢清六さん(賢治の弟)のお孫さんが書いた解説も必読!「雨ニモマケズ」をより深く理解することができました。
(kazu.oさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮沢 賢治さんのその他の作品

宮沢賢治の絵本 鹿踊りのはじまり / 注文の多い料理店 / 宮沢賢治の絵本 貝の火 / 宮沢賢治の絵本 ざしき童子のはなし / どんぐりと山猫 / 宮沢賢治の絵本 フランドン農学校の豚

柚木 沙弥郎さんのその他の作品

柚木沙弥郎の染色 / 雉女房 / おふねが ぎっちらこ / せんねんまんねん / ぎったんこばったんこ / ぜつぼうの濁点



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

宮沢賢治の絵本 雨ニモマケズ



全ページためしよみ
年齢別絵本セット