新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
おばあちゃんのあかいマント

おばあちゃんのあかいマント

  • 絵本
作: ローレン・カスティーヨ
訳: 多賀 京子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばあちゃんのあかいマント」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年08月27日
ISBN: 9784593505845

みどころ

「おばあちゃん、ぼく、とまりに きたよ!」
出迎えたおばあちゃんは、黄色のコート、赤いブーツに赤いカバン。
帽子もメガネもコーディネートされていて、とってもおしゃれです。

大きな街に住むおばあちゃんのところへ遊びに来た男の子は、街が好きになれません。
人がたくさんいるし、大きな音がするし……。
不安そうな「ぼく」のために、おばあちゃんは一晩のうちに赤いマントを編んでくれます。
翌朝、マントをはおってみたら「ぼく」は勇気が湧いてきました!
「よーし、どんなところか、みてやるぞ。」

さあ、マントを羽織って、おばあちゃんといっしょに出かけた街は、人の多さも、大きな音も相変わらず。
でも、秋の公園で思い思いにくつろぐ人たちや、道ばたで演奏する人、踊る人……。
大きな街にだんだん「ぼく」は魅せられていきます。
おばあちゃんのさりげない心づかいが、不安で縮こまっていた男の子を、だんだんのびのびさせていきます。

子どもは、知らない場所へ行って、初めて自分の知らない世界があることに気づきます。
最初はおっかなびっくり。
でも大好きなおばあちゃんのマントが守ってくれるから、新しい場所もきっと大丈夫。
小さなきっかけで世界の見え方は変わるんですね。

本作品は2015年のコルデコット賞オナーブック。
くっきりと力強い線で描かれる人物や建物とは対照的に、背景の繊細な色づかいが魅力的です。
作者のローレン・カスティーヨは絵本に登場する“おばあちゃん”と同じく、都会に住み、時に赤いマントをはおりながらせっせと仕事をしているそうです。
同じくローレン・カスティーヨの描く『アルフィーのいえで』も、本書と同じく男の子の内面の成長が描かれ、あたたかい家族のようすが伝わってくる作品です。こちらもぜひ手にとってみてください。

にぎやかなことが好きで活動的なおばあちゃんと、そのお孫さんにおすすめしたい本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

おばあちゃんが、都会にひっこした。ぼくは、おばあちゃんはだいすきだけど、大きな町はすきじゃない。でも、おばあちゃんが かっこいいマントをくれて……。世界中の都会に住むおばあちゃんとその孫におくる、心あたたまる絵本。ニューベリー賞オナー作

ベストレビュー

かっこいい

田舎にすむおばあちゃんの物語は数あれど、都会を好んですむおばあちゃんをえがいた物語は新鮮に感じがしました。
田舎もいいけれど、大きな町を楽しんで暮らしているおばあちゃんもかっこいいです!
物語の鍵となる赤いマント、とっても印象的でした。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローレン・カスティーヨさんのその他の作品

たびネコさん ぐるりヨーロッパ街歩き / アルフィーのいえで

多賀 京子さんのその他の作品

げんきなぬいぐるみ人形ガルドラ / リンゴの丘のベッツィー / 花になった子どもたち / 福音館文庫 この湖にボート禁止 / うさぎ、うさぎ、どこいくの?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > おばあちゃんのあかいマント

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

おばあちゃんのあかいマント

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット