あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
チロルくんのりんごの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チロルくんのりんごの木

  • 絵本
作: 荒井 良二
出版社: NHK出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年09月
ISBN: 9784140361245

A4変

関連するスペシャルコンテンツ


荒井良二さん最新絵本!

出版社からの紹介

本書のモチーフになっているのは、スイスのチロル地方に伝わる“ファミリーツリー(家族の木)”の風習です。結婚したり、子どもが生まれたりなど、家族が増えるたびにりんごの木を植え、家族とともに成長して家族を見守ります。
主人公・チロルくんは村に暮らす男の子。チロルくんにとってここは世界でいちばん好きなところ。村での生活も、自然の景色も、家族や動物たちも、幼なじみの女の子・エーデルちゃんのことも、みんな大好き。花が咲いて、雪が降りつもり、牛を育て、宿題をして、収穫や家族の成長を歌をうたってお祝いする。そんな毎日がなによりもほこらしい。大きな、大きな世界の中で、チロルくんにとってはここがいちばん輝いているのです。そこにはいつもりんごの木があって、見守っています。チロルくんの恋の思い出や未来の家族との生活を。これまでも、これからも、家族の木であるりんごの木がそばにいます――。
本書は、2016年3月にNHKで放送されたアニメの原作絵本。

チロルくんのりんごの木

ベストレビュー

パワーが溢れ出す

荒井良二さんの描く山が、とても好きです。
ずーんと大きく、力強いみどり色で
読んでいるわたしを、しっかりと包み込んでくれているような気持ちになります。
そう、まるで、お父さんみたい!
雪で覆われた景色も夜の暗さも、
荒井良二さんが描くと、生命力で溢れるから不思議です。

いや、生命力あふれるものたちを、
絵に描けるから、荒井良二さんはすごいのかな。
すこしも取りこぼすことなく、描き切っているからこそ
ページからパワーが溢れ出すのかもしれないと思いました。
(なーお00さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒井 良二さんのその他の作品

まよなかのおならたいかい / きょうはそらにまるいつき / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま / はるってどんなもの?



クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

チロルくんのりんごの木

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット