貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
プーさんと であった日 世界でいちばん ゆうめいなクマのほんとうにあったお話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

プーさんと であった日 世界でいちばん ゆうめいなクマのほんとうにあったお話

  • 絵本
文: リンジー・マティック
絵: ソフィー・ブラッコール
訳: 山口 文生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年08月
ISBN: 9784566080126

26×26cm/54ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

『クマのプーさん』のモデルになったウィニーは、実在のクマでした。カナダの獣医師が見出し、イギリスに連れていったのです。獣医師のひまごにあたる女性が文章を書いたこの本は、知らなかったプーさんに出会える心ときめく1冊です。素晴らしいイラストは、2016年のコールデコット賞に輝きました!

ベストレビュー

プーさんの知られざる事実にびっくり

クリストファー・ロビンが実在の人物なのは知っていましたが、くまのプーさんのお話しは、クリストファー・ロビンを喜ばせる為に作られたお話しだと思っていました。

それが、実はプーさんも実在のクマで、しかも本当にクリストファー・ロビンと仲良しだったなんて、本当にビックリしましたし、感動しました。

やはり、写真の力って凄いですね。
写真が載っていることで、グッと説得力が増します。読み聞かせの際も、ぜひ写真のページもちゃんと見せてあげて欲しいです。

小学校低学年だと、話の構成を理解するのが難しいかな・・・と思うので、読み聞かせなどで読むなら、中学年〜高学年がよいと思います。
(はらぽこおやむしさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ソフィー・ブラッコールさんのその他の作品

あかちゃんの木 / とびきりおいしいデザート / ぺろぺろキャンディー

山口 文生さんのその他の作品

くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― / みなみへ / 英日CD付 英語絵本 きょうはみんなでくまがりだ We’re Going on a Bear Hunt / あぶないよ、ふわふわケムちゃん! / 大きくなるってこんなこと! / やんちゃもののおでましだい



『いっしょにするよ』風木一人さん・たかしまてつをさんインタビュー

プーさんと であった日 世界でいちばん ゆうめいなクマのほんとうにあったお話

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット