宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
「ごめんなさい」が いっぱい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「ごめんなさい」が いっぱい

  • 絵本
作: くすのき しげのり
絵: 鈴木 永子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年08月24日
ISBN: 9784569785806

4,5歳から
32ページ

出版社からの紹介

 主人公のお姉ちゃんは、ふうちゃんに絵本を読んであげたり、数を教えてあげたりと、ふうちゃんの面倒をよく見ます。

 しかし、ふうちゃんは、しょっちゅう、動物の名前や数を間違えます。そのうち、できないことがあると、「ごめんなさい」と言うのが口癖になってしまいました。

 ある時、遊びに来たおばあちゃんがお母さんに、「このこ めは、ちゃんと みえてる?」と尋ねます。その時は見えていると信じていたお母さんでしたが、心配になり、次の日、家族全員で眼科に行きました。そこで、ふうちゃんは、遠くのものは見えているのに近くのものが見えていないことが判明するのです。

 お父さん、お母さん、そしてお姉ちゃんも、早く気づかずに「ごめんさい」と、ふうちゃんに謝ります……。

 私たちの周りには、わかっているようでわかっていないことがあることを理解していなければならないということを伝えます。心にジーンと響く、感動がいっぱいの絵本です。

「ごめんなさい」が いっぱい

「ごめんなさい」が いっぱい

ベストレビュー

原因がわかってよかったです

なにか障碍がある子かなあと思いながら読んでいた私だったので、「ふうちゃん ごめんなさい」と、思った私でした。ふうちゃんの目のことには、気づきませんでした。おばあちゃんのお陰で、直ぐに病院で検査してもらって原因がわかってよかったです。とても家族がふうちゃんのことを心配してるなあと伝わってきました。素直な優しい家族だなあと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

くすのき しげのりさんのその他の作品

あーん! はがぬけない / おさがり / いまから ともだち / ぼくとマリナちゃん / 交響曲「第九」 歓びよ未来へ! 板東俘虜収容所 奇跡の物語 / うでのいい くつや

鈴木 永子さんのその他の作品

赤ちゃんの発達のふしぎ(2) おすわりからはいはいへ / はやくかえってこないかな / 赤ちゃんの発達のふしぎ(1) 赤ちゃんがやってきた / パパとあたしのさがしもの / あかちゃんあかちゃん / まどからのおくりもの



大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

「ごめんなさい」が いっぱい

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット