話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

きつねみちは、天のみち

きつねみちは、天のみち

  • 絵本
作: あまん きみこ
絵: 松成 真理子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2016年09月15日
ISBN: 9784494016235

4・5歳から
判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm 頁数:41頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

おはなしが持つ力を大事に、絵本づくりをしていこうという出版社の思いでスタートした「おはなしえほん」シリーズ。
一冊目は、『ちいちゃんのかげおくり』や「車のいろは空のいろ」シリーズなどで子どもの心に生き生きと残る童話を書いてきた、あまんきみこさんの作です。

いきなり降り出した雨のなか、ともこが走ってうちに帰っていると、ふいに雨の降らないふしぎな空間に迷い込みました。
どこからか、お祭りのかけ声のような、大勢のひとの声が聞こえてきます。
「きつねみち」
「どっこい!」
「てんのみち」
「やんこら!」
「がんばれ」
「それな」
見ると、ほんとうのきつねが、青い大きなすべりだいを御神輿のように運んでいるのでした。
ともこは、ちいさなきつねに「そこのきょうだい!」「ここをもちなよ」と言われて思わずいっしょにすべりだいを運びます。
すると、緑の林を通り過ぎた、その先に見えてきたのは……?

松成真理子さんの水分をたっぷりふくんだ筆で描いたようなやわらかな色の絵が、あまんきみこさんのお話をひきたてます。
雨と、きつねと、青いすべりだい。そして緑の林と、きつねしょうがっこう。
ともこが迷い込んだ「きつねみち」にドキドキして、人間である正体がばれてしまってきつねはなんと言うかとドキドキして、子どもはおはなしにじっと耳をかたむけるにちがいありません。

いつのまにか、うすべに色の西の空。
夕暮れ前の「時間のすきま」が、みずみずしく描かれたおはなしです。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

きつねみちは、天のみち

出版社からの紹介

夏のにわか雨の中、家へといそいでいたともこは、きゅうに雨のすきまのようなほそながーい道に出ます。
その道で「やんこら!」「どっこい!」というかけ声とともにであった出会ったのは、すべりだいを運んでいるきつねたち。
よろよろするきつねたちを見かねて、ともこがてつだってはこんでいくと、ついたのは「きつね小学校」でした。
そこで、ともこが人間だときつねたちに気づかれてしまい・・・。

少女の楽しくて不思議な時間を描いた、愛情あふれる作品。

ベストレビュー

きつねの世界に来たようです。

ともこがにわか雨の中を走っていると、いきなり雨がやみました。雨に長いすきまができて、カーテンみたいになっているのです。ともこはそこで、すべり台をかついだきつねたちに会い…。少女の不思議な時間を描いた作品です。きつねたちのかけ声が耳に心地よく残ります。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / おしゃべりくらげ / あるひ あるとき / スキップスキップ / あまんきみこと教科書作品を語らう

松成 真理子さんのその他の作品

紙芝居 まどからのおきゃくさん / 紙芝居 こんやは なつまつり / 山のトントン / ランカ にほんにやってきたおんなのこ / さくらの谷 / 紙芝居 ひらひら ホッホロ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > きつねみちは、天のみち

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

きつねみちは、天のみち

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット