話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ふたりの文化祭

ふたりの文化祭

著: 藤野 恵美
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年03月
ISBN: 9784041038130

内容紹介

高1の九條潤はスポーツ万能。同じクラスで図書委員の八王寺あやは、盛り上がりに入れずにいた。文化祭で一緒にお化け屋敷をやることになったふたりだったが、性格の違いにちぐはぐし…。キュートな青春小説。

ベストレビュー

ラストよかった

「わたしの恋人」「ぼくの嘘」に続く第3弾。
今回の主人公はクラスの中心人物イケメン九条君と図書委員の三つ編みメガネ八王子さん。タイプが違う2人。
前2作で出た森さんや笹川くんも登場。結城さんは今回もメインキャラでした。
「ぼくの嘘」のほうが好きだけど、ラストはちょっと腑に落ちなかったところが。今回のラストはよかったです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤野 恵美さんのその他の作品

ぼくの嘘 / ひとりって、こわい! / わたしの恋人 / 講談社 青い鳥文庫 おもしろい話が読みたい!(ワンダー編) / お嬢様探偵ありすと少年執事ゆきとの事件簿 / ゲームの魔法



今月の新刊&オススメ絵本情報

ふたりの文化祭

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット