新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
ふくろうおやこ おやここうもり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふくろうおやこ おやここうもり

  • 絵本
作: マリー=ルイーズ・フィッツパトリック
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年09月20日
ISBN: 9784776407713

3歳〜6歳
207o×288o 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

みどころ

『あそこへ』などでビスト最優秀児童図書賞(現CBI最優秀児童図書賞。アイルランドを代表する児童書に贈られる)を何度も受賞している、マリー=ルイーズ・フィッツパトリックの作品。
ユーモラスな展開がほほえましい文字のない絵本です。

枝にとまってふくろう親子がすやすや、おやすみ中。
そこへ……こうもり親子がやってきて、同じ枝にとまります。
枝の上にふくろう親子。
枝の下にこうもり親子。
互いにちょっと気をつかって左右にずれてはみたものの……
末っ子同士がちょっかいを出し合い、親に怒られます。

ようやく、枝の上でも下でもすやすや……。
と思ったら大風が吹いてきて!?

丸い目を見開いてびっくりするふくろう母さんや、目を吊り上げて「めっ」という顔をするこうもり母さん。
二つの家族の対比が面白いのです。
親がいっしょうけんめい寝かせようとしても、互いに興味津々のちびっこたちがかわいい!
つい口元が緩んでしまいます。

大風の中、吹き飛ばされてしまった子どもたちを拾い集めに、ふくろう母さんとこうもり母さんが空中を飛び回るのですが、それがまた心あたたまる展開。
文字が読めない幼い子から大人まで、絵本の中に没入して楽しめます。

中表紙には「こちらをうえによんでみて」と逆さに読めることを示唆した記述が、上下二か所あります。
ふくろうを上にしたり、こうもりを上にしたりして読んでみてくださいね。

紫がかった紺色の夜空を背景に、枝の向こうには大きな月がのぼり……。
カラフルではないのに、ながめているうちに夜の色彩の豊かさを感じます。
ふしぎなあたたかい魅力をもつ絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ふくろうおやこはきのえだにとまって、すやすやおやすみちゅう。そこへ、こうもりおやこがやってきました。えだのうえにはふくろうおやこ。えだのしたにはこうもりおやこ。なかよくおやすみできるでしょうか。かわいい文字なし絵本。

ベストレビュー

最後には、家族みたいに・・・・・・

文字のない絵本ですが、とても微笑ましくて、何度も何度もみても

飽きない絵本です。一本の枝に、上がふくろうおやこ、下がこうも

りおやこが、お互いに気にしながらおやすみしようとしています。

家族構成も親1に、子供3と一緒です。大風が吹いてきて、飛ばさ

れてしまいますが、最初は自分の子供を必死に探してますが、お

互いに協力してました。お互いの子供同士も仲良く遊ぶようにな

って、最後には、一つの家族のように振る舞ってました。なんだか

微笑ましくて幸せだなあと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ふくろうおやこ おやここうもり

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

ふくろうおやこ おやここうもり

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット