宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
どんぐりむらのだいくさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どんぐりむらのだいくさん

  • 絵本
作: なかや みわ
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年09月09日
ISBN: 9784052044212

A4変型 36頁

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


『どんぐりむらのだいくさん』なかやみわさんインタビュー

出版社からの紹介

どんぐりむらの大工さんは、小さなおもちゃや、園庭の大型遊具、家まで、何でも作る腕利き大工さん。その大工さんがひらめいて作った「みんなのおうち」が完成したが、どう見てもただの家みたい? クライマックスの絵変わりは必見のシリーズ初のしかけつき!

ベストレビュー

なんて素敵なおうちでしょう

どんぐりむらの仲間たちが細かく設定されていて、関係性を考えながら読むとさらにおもしろいです。
今回は、どんぐりむらの大工さんのお話です。
なんでもぱぱっと作ってしまう、とっても腕のいい大工さんです。
腕もいいですが、使う人のことを考えた素敵な仕事をしてるのが素晴らしいです。
どんぐりえんでは、子どもたちが大喜びの素敵な遊具を作りました。
大きくりっぱな双子の木を見つけた大工さんは、むらのみんなが集まれるおうちを作りました。
お年寄りも赤ちゃんもみんなが集まって自由にできるおうち。本当に素敵です!
こんなおうちが近くにあったらなぁ。羨ましいです。
そしたら、子育てだって、一人暮らしのお年寄りだって、孤独を感じたりすることなく楽しくくらせていいのにな。
どんぐりにもいろんな種類がありますが、みんな同じどんぐり。種類を越えて仲良くしています。
人間もそうでありたいです。
(ピーホーさん 30代・ママ 女の子2歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかや みわさんのその他の作品

パネルシアター くれよんのくろくん / やさいのがっこう キャベツくん おはなになる? / そらまめくんの はじめましてあかちゃん / そらまめくんの おやすみなさい / そらまめくん こんにちは / そらまめくんと おまめのなかま



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

どんぐりむらのだいくさん

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット