宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
トリック オア トリート!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トリック オア トリート!

  • 絵本
作: 岡村 志満子
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「トリック オア トリート!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年09月16日
ISBN: 9784774325194

幼児から
A4変型
縦20.7×横21.7×厚さ0.8cm
28ページ

関連するスペシャルコンテンツ


『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー


【結果発表】光るページも楽しめる♪ 参加型ハロウィン絵本

出版社からの紹介

今日はハロウィン。 4人の子どもたちが、とっておきの仮装ででかけます。 いろんな家のドアをたたいて、あいことばをいってみよう。 「トリック オア トリート おかしくれなきゃ いたずらしちゃうぞ!」 だれがでてくるかな? どんなおかしをもらえるかな? ポケットがおかしがいっぱいになったころ、 町はずれの大きなおやしきのドアをたたくと、そこは・・・。 声を出したり、あてっこをしたり、小さい子どもたちも参加しながら楽しめるハロウィン絵本。 暗いところでおばけが光る、蓄光インクを使った驚きのページもありますよ!

トリック オア トリート!

ベストレビュー

ハロウィンの絵本

今では日本でも、ハロウィンは行事の一つととして認知度も高く、子ども達のなかにも、浸透しているお祭りですね。

子ども達が、トリックorトリートと、おやつをもらいに家々を回る風習も、欧米のまねをして広がっているようですね。

そんな様子がもとになったおはなし絵本。
この絵本をきっかけに、そのお祭りの意味や歴史も、子どもたちにつたわればいいなと思います。

(ゆかりんこんさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

岡村 志満子さんのその他の作品

メリー メリー クリスマス! / 紙芝居 そらからおりてきたごちそう / フルーツケーキ いただきます / サンドイッチ いただきます



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

トリック オア トリート!

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.41

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット