話題
あかちゃんごきげん しゃかしゃか

あかちゃんごきげん しゃかしゃか(くもん出版)

赤ちゃんがだいすきなラトルと絵本が合体した、はじめてのラトル絵本! プレゼントにぴったりです。

  • かわいい
  • ギフト
新刊
いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット

いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット(童心社)

日本一の絵本『いないいないばあ』からかわいい指人形付のギフトセットが登場!

  • かわいい
  • ギフト
時計坂の家

時計坂の家

  • 児童書
著者: 高楼 方子
画家: 千葉 史子
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「時計坂の家」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年10月10日
ISBN: 9784834082937

自分で読むなら・小学高学年から
ページ数:344
サイズ:21X16cm

出版社からの紹介

12歳の夏休み、フー子は憧れのいとこマリカに誘われ、祖父の住む「時計坂の家」を訪れた。しかしその場所でフー子を待っていたのは、思いもかけないことだった・・・・・・

ベストレビュー

深い味わい

「まあちゃんのながいかみ」などの絵本で知られる高楼方子さん。
今回は長編小説を読みました。読み応えがありました。
12最のフー子が、いとこのマリカや映介、おじいさんやお手伝いのリサさん、汀館の人達と過ごす夏休み。
 扉の向こうの庭に潜む闇。闇に消えたおばあさん。チェルヌイシェフというロシアから来た時計職人。
後半は謎が溶けていく心地よさを感じました。
近寄りがたかったおじいさんが、とてもやさしくなったこと。夏期講習に行かずにフー子と過ごしたことをよかったと思うマリカ。
不思議な体験を経て、映介への自分の気持ちに気づくフー子。
またいつもの生活に戻っていくけれども、汀館で経験したことは、フー子の心の中で大切なものとなることでしょう。
幸せな気持ちにしてくれる素敵なお話でした。
(わさんぼんさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

高楼 方子さんのその他の作品

ゆゆのつづき / 4ミリ同盟 / 街角には物語が・・・・・ / ポプラ世界名作童話(12) 十五少年漂流記 / 十一月の扉 / ココの詩

千葉 史子さんのその他の作品

ニレの木広場のモモモ館 / 角川つばさ文庫 ごちそうびっくり箱 / 十一月の扉 / だいすきだよ、オルヤンおじいちゃん / パレッタとふしぎなもくば / ポップコーンの魔法



今月の新刊&オススメ絵本情報

時計坂の家

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット