もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
もみの木のねがい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もみの木のねがい

  • 絵本
再話: エステル・ブライヤー ジャニィ・ニコル
訳: おびか ゆうこ
絵: こみね ゆら
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年10月15日
ISBN: 9784834081817

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から
ページ数:32 サイズ:28X22cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

もみの木は、自分のチクチクした葉が大嫌いでした。妖精に頼んで、柔らかい葉に変えてもらいますが、ヤギに食べられてしまって… 繊細で美しいクリスマス絵本です。

ベストレビュー

様々な願いの末

もみの木が主人公の物語ですが、シュタイナー教育に携わってきた母娘による再話ということで、
こんなストーリーが語り継がれてきた思いを感じました。
もみの木は自分の葉っぱのとがった様子を嘆き、理想の葉っぱをいろいろと願うのですね。
その願いは妖精によってかなえられますが、どの葉っぱも、意外な結末に。
最後に元に戻してもらったら、素敵な結末が待っているのですね。
幸せの意味がじんわりと伝わってきます。
まさしく、真のクリスマスにふさわしいです。
小学生くらいからでしょうか。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おびか ゆうこさんのその他の作品

嵐をしずめたネコの歌 / とびきり おかしな マラソンレース / スーちゃん おやすみなさい / ウルフィーは、おかしなオオカミ? / 図書館にいたユニコーン / しずかに あみもの させとくれー!

こみね ゆらさんのその他の作品

こどもべやのおともだち アンナとビイプ / もりのちいさなしたてやさん / ポプラ世界名作童話(13) 若草物語 / 人くい鬼 / しあわせなおうじ / 空とぶじゅうたん(1)



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

もみの木のねがい

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット