しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ルミッキ 1 血のように赤く
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルミッキ 1 血のように赤く

著: サラ・シムッカ
訳: 古市 真由美
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年07月
ISBN: 9784890139613

四六判・304ページ

出版社からの紹介

孤高の少女、ルミッキ。フィンランド語で“白雪姫”という意味をもつ名だ。
だが、そのイメージにはそぐわない風貌で、謎めいた過去をもつ。
親元をはなれ、一人暮らしをしている彼女はフィンランドのタンペレ市の芸術高校に通っている。
誰とも交わらず、いつも一人で行動するルミッキは高校の中でも異色の存在だった。
しかし、校舎内の暗室で、血を洗い流して干してある札束を目撃したせいで、犯罪事件に巻き込まれる。
事件の謎とともに、どんな状況にもひるまず立ち向かっていくルミッキの過去が徐々に明かされていく。
一気読み確実のスリラー。

ベストレビュー

続編を早く読みたくなります

中1のフィンランドの女の子の話。

白雪姫という意味のルミッキ、は、変わった女の子。いつもみんなとは一線を画しています。

ある日学校で血の付いた偽札のようなものを大量に干してあるのを見つけ、それを所有しようとする子3人に遭遇します。

つい巻き込まれていくのですが結構危険で、はらはらします。

最後、友達が名前を変えて引っ越していきます。

ちょっと消化不良な気分なので続きを早く読みたくなりますが、最後のほうでルミッキがいじめにあっていた過去がわかります。ルミッキの幸せを祈りつつ、続編を読んでみようと思います。
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


サラ・シムッカさんのその他の作品

ふしぎの花園 シスターランド

古市 真由美さんのその他の作品

暗やみの中のきらめき 点字をつくったルイ・ブライユ



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

ルミッキ 1 血のように赤く

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット