あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
しゅくだいとびばこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しゅくだいとびばこ

  • 児童書
作・絵: 福田 岩緒
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年10月04日
ISBN: 9784569785905

小学校低学年
A5判上製/80ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

三週間後の運動会で、六段のとびばこを三年生全員でとぶ、とびばこの競技がある。とんだらぬけて、とべなかったらとべるまで挑戦しなければいけない。運動会の伝統の競技がとびばこだなんて、どこの小学校をさがしてもないと思う。

体育の授業がはじまった。ぼくは、ようやく四段がとべるようになったばかりだ。五段のとびばこに向かって走ったけれど、ふみきり板に足を合わせようとして直前でスピードを落としてしまった。五段がとべないのに、六段なんて本当にとべるのだろうか……。

ある日、ぼくのクラスに「かじまさる」くんという転校生がやってきた。かじくんは、ほとんどしゃべらないちょっと変わった子だった。かじくんも、とびばこが苦手で一緒に練習をしていたけれど、ぼくたち二人は、前日までに六段をとぶことはできなかった。そして、ついに運動会の日がやってきて……。

とびばこなどの運動が苦手な子どもたちにおくる幼年童話。

しゅくだいとびばこ

しゅくだいとびばこ

ベストレビュー

運動会の三年生競技

小学三年生のしょうたの物語の児童書。
運動会の三年生伝統競技が跳び箱、ということで、
しょうたが苦手な跳び箱に奮闘するのですね。
そこに、転校生の寡黙なまさるくんも絡んでの、
小学生あるあるストーリーです。
跳び箱を飛べるようになるまでの努力の軌跡。
転校生や同級生をめぐる友情。
さらには、家族とのやりとり。
先生のフォローも滋味深いです。
程よい分量で、低学年が一気に読み切れると思います。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


福田 岩緒さんのその他の作品

しゅくだいクロール / 釣りに行こう! / ぼくのにいちゃんすごいやろ! / しゅくだい大なわとび / ぼくの天国ポスト / つくる 五感のえほん2



大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

しゅくだいとびばこ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット