宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
みつけてん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みつけてん

  • 絵本
作: ジョン・クラッセン
訳: 長谷川 義史
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年10月11日
ISBN: 9784861013300

286×204×10mm 49ページ

出版社からの紹介

ふたりづれのかめが、ぼうしをみつけました。
でも、ぼうしはひとつだけ。「ぼくら ふたりやのになぁ。」
はたして、ふたりはぼうしをかぶることができるのでしょうか?

人気絵本「どこいったん」「ちがうねん」につづくジョン・クラッセンの帽子シリーズ、ついに完結!
長谷川義史さんの大阪弁の名訳が冴えわたる待望の新作です!

みつけてん

ベストレビュー

ほほえましい

ジョン・クラッセンの
ちょっと不気味な「どこいったん」も「ちがうねん」も
読みましたが、一番この話が好きです。

これが大阪弁だから、まだ面白いけど、
標準語だと色彩や絵だけだとより怖いです。

亀の帽子への気になる気持ちが
目線や夢ででてきて、ほほえましいです。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・クラッセンさんのその他の作品

マンマルさん / おおかみのおなかのなかで / シカクさん / なんびきのねこたちおどる? / キツネのパックス ―愛をさがして― / サンカクさん

長谷川 義史さんのその他の作品

おおにしせんせい / タヌキのきょうしつ / かわうそモグ / おいせまいり わんころう / 絵本作家のブルース / おじいちゃんがペンギンやったとき



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その10 最終回

みつけてん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット