いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
トマとエマのとどけもの みちをたどるおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トマとエマのとどけもの みちをたどるおはなし

  • 絵本
作: 大庭 賢哉
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年10月25日
ISBN: 9784593563197

240×210mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

児童書の挿絵や、挿画、漫画で活躍する大庭賢哉さんの、初めての絵本。

「きをつけていってらっしゃい」とお母さんに送り出されて出発したのは、トマとエマのきょうだい。
となりの国のおじいさんとおばあさんへ、とどけものに行くところです。
おにいちゃんのトマのリュックははちきれそう!
トマとエマ、何をとどけに行くのかな?

樹のうろにある扉を出て、大きなキノコがにょきにょき生える道をてくてく歩いていく2人。
昆虫のそばを歩き、カエルと言葉を交わし、時にはタンポポの綿毛につかまって空を飛ぶ。
トマとエマは人間よりも小さい、小人みたいな存在ですが、さらにずっと小さい郵便配達員らしき人もちらほら絵の中にあらわれて、とってもふしぎな世界です。

本書はすべてのページの絵がひとつながりに描かれたファンタジー絵本。
トマとエマが歩いて行く道は、ページをめくれば、次の道にちゃんとつながっていて、終わりまで途切れることはありません。
大きな風景の中で豆粒みたいに描かれるトマとエマもいれば、ぐっと大きく描かれる場面もあります。
でもちゃんとページからページへ、道と道がつながっているからふしぎです!

絵のあちこちにまぎれこむ、シッポの青いトカゲや、郵便ポスト。
誰かの手からはなれた風船や、鳥がわしづかみにして運ぶ虫眼鏡。
地面にひっそりとある小さな扉など、想像がふくらむしかけがいっぱい絵のなかに描かれています。

最後に見返しを見ると、一場面ずつ描かれていた絵がつながった状態で印刷されているのがわかります。
切れ目も段差もない一枚の、道の絵。
トマとエマがたどった道の絵です。
トマとエマの家からおじいちゃんの家までの道を、何度でもたどってみてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

トマとエマは、となりの国のおじいさんおばあさんへ、とどけものに行くことになりました。ふたりの小さな大ぼうけんがはじまります。すべてのページの絵が、ひとつながりに描かれたふしぎな絵本。

ベストレビュー

道は繋がっている・・・・・・

最初は、トマとエマのたどった道ばかり気にして繋がってることの確認ばかりしていた私でした。頭の羽のことが気になったり、郵便配達の人の登場や郵便ポストが気になったりもしましたが、広大な景色を楽しむことも出来ました。不思議な感覚の場面をちょっと疑問に思ったりしたのですが、裏表紙のベッドに眠っているトマとエマの寝顔を見てなあ〜だと納得した私でした(笑)道を辿るってわくわくするんですね!
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大庭 賢哉さんのその他の作品

スポーツのおはなし(リレー) 空に向かって走れ!  / 講談社青い鳥文庫 盲導犬引退物語 / シノダ!(11) 夢の森のティーパーティー / トマとエマのめいろのくに / ポプラ世界名作童話(24) 宝島 / 消えた時間割



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

トマとエマのとどけもの みちをたどるおはなし

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット