宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
いのちのはな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いのちのはな

  • 絵本
作: のぶみ
出版社: KADOKAWA

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いのちのはな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年11月09日
ISBN: 9784041050552

B5判

関連するスペシャルコンテンツ


あなたの気になる2016年の絵本は?


『いのちのはな』のぶみさんインタビュー

出版社からの紹介

おかあさんからチューリップの球根をもらったかんたろう。ところが次の日からなんと病気に! 水がもらえないプーは花を咲かせることができるのでしょうか? のぶみ自身の人生とすべての思いが詰まった渾身の一冊!

いのちのはな

いのちのはな

ベストレビュー

これはこれで学ぶこと多いです!

前半はユーモア絵本として読むと笑えました。
中盤はバラの言葉が何て意地悪なこと!
そして終盤は,かんたろうとプーの再会に二人の言葉に感動しました。
大変なことづくしだったけど,いきていてよかったと言えるプーは素晴らしいですね!
賛否両論にある内容にも思いますが,終盤の言葉に☆5にします!
バラの態度は嫌だったけど,人間社会も意地悪な人ってやっぱりいますものね。
色々あるし色々な人もいるというのも子供だって知っておかなきゃ。
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


のぶみさんのその他の作品

ウッチョパスのカレーライス / ともだちドロボウ / うちのウッチョパス / うちのウッチョパスアニメだいずかん / ぼく、仮面ライダーになる! ビルド編 / ママがおばけになっちゃった! ぼく、ママとけっこんする!



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

いのちのはな

みんなの声(16人)

絵本の評価(2.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット