まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ねこ いると いいなあ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこ いると いいなあ

  • 絵本
作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年11月09日
ISBN: 9784061333017

36ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「ねー おかあさん、ねこ ほしいよう」
洗濯かごをかかえたおかあさんのスカートにすがりついて、わたしがいいます。
100万回「ねこ ほしいよう」といっても100万回「だめ」というおかあさん。
「だめ、だめ、だめ」
あ、100万3回。

お部屋にねっころがって「ねこ いると いいなあ」とわたしがいうと、どこかで「ニャー」とちいさい声がしました。
「ねこ いると いいなあ」と少しずつ声を大きくしていうたびに「ニャー」とねこの声がきこえます。
お絵描きをはじめたら絵のなかのねこは、「ねこいるといいな」といって描くたびに「ニャー」「ニャー」とへんじする声がふえて、とうとうケンカをはじめます。
いつのまにか、めっちゃくちゃにケンカをするねこたちにこわくなったわたしは……。

『100万回生きたねこ』の佐野洋子さんが、ねこがほしい子どもを描いた絵本。1990年に刊行された作品の復刊です。
『100万かい生きたねこ』とは描かれている世界がまたぜんぜんちがっていて、子どもの心をふるわせる「ねこがほしい」切実さをみずみずしいタッチで描いています。


でもねこって、人間のいうとおりにはならない生き物ですものね。女の子が楽しく想像したようなねこたちばかりではなくて、そこがまたねこ好きの心をくすぐります。
女の子のねがいから生まれた、白昼夢のようなねこの大げんか。無垢な苦みのある、佐野洋子さんらしい絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

かわいくて、ふしぎで、ちょっぴりこわい。『100万回生きたねこ』の佐野洋子がクレパスで描いた、もうひとつのねこの物語。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐野 洋子さんのその他の作品

佐野洋子の動物ものがたり / 講談社青い鳥文庫 吾輩は猫である(上) (新装版) / おとうさんおはなしして / おいで、もんしろ蝶 / おばけサーカス / 死ぬ気まんまん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

ねこ いると いいなあ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット