虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
雪の女王
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

雪の女王

  • 絵本
原作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
再話: アンシア・ベル
絵: ヤナ・セドワ
訳: 成沢栄里子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「雪の女王」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年11月20日
ISBN: 9784776407386

小学校高学年から
57ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

アンデルセン原作の「雪の女王」を、ロシアのモスクワ出身のヤナ・セドワが、幻想的な絵で描いた大判絵本。

ある日、邪悪な悪魔が鏡を作ったことから物語ははじまります。
この鏡には、良いものや美しいものは小さく縮んでほとんどうつらず、悪いものや醜いものは実際よりはるかに大きくうつるのです。(想像してみるとおそろしい鏡です!)
ものをゆがめてうつす鏡は、地面に落ちて粉々になり、破片となって人々に刺さります。
心臓に刺さると心臓を氷のように冷たくかたくしてしまい、目に入るとその人が見るすべてのものの本当の姿をゆがめてしまうのです。

少年カイと少女ゲルダはいつも仲よく、植木箱のバラのそばで絵本を読んだり歌を歌ったりしていました。
しかしあるときカイの目と心臓に、悪魔の鏡の破片が入り込んでしまいました。
やさしさを失ったカイは、植木箱を蹴飛ばしゲルダをからかい、雪の女王に連れ去られてしまいます。
ゲルダは、どこへいってしまったかわからないカイを探し求めます……。

絵を描いたヤナ・セドワは本作がデビュー作。
細かい筆致で描かれた青色が美しい絵には、人間の存在がずっと小さく、とりまく生き物たちが大きく描かれます。
ゲルダはカイを探し求め、花園の魔女やカラス、盗賊の娘、ラップ人や賢いフィン人に出会います。
花園でオニユリやマツユキソウ、ヒヤシンスにキンポウゲ、スイセンの花々がくちぐちに話す場面は、イマジネーションがかきたてられ、アンデルセンの魔法の中にとじこめられたような気持ちになります。

「最初のお話」から「六番目のお話」まで、6つの小さな章で成り立つ大判絵本。
北国の美しさ厳しさ、純粋無垢な心が悪魔にうちかつ強さ。
少女の一途な思いが辿り着く結末に、大人もきっと心を奪われることでしょう。
子どもにはぜひお話を一つずつ、読み聞かせで読んであげてください。
心に深く余韻を残す、美しいアンデルセンの絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

悪魔の鏡の破片が目と心臓に入ったために、やさしさをうしない、物事がゆがんで見えるようになった少年カイ。
ある日、カイは雪の女王によって連れ去られてしまう。なかよしの少女ゲルダは、カイを救おうと……。
アンデルセンの名作を、幻想的に、イマジネーション豊かに描いた作品です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんのその他の作品

もみの木 / 雪の女王 / 雪の女王 / アンデルセン童話全集 (3) / モミの木 / アンデルセンのきらめくポップアップ絵本 雪の女王

成沢栄里子さんのその他の作品

クリスマスには おきてて くまさん / くまさんはおなかがすいています / くまさんはねむっています / ママのキスは、ね / ベルベットうさぎのなみだ / 夜にみちびかれて



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

雪の女王

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット