ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ 電気のクライシス

小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ 電気のクライシス

  • 絵本
漫画: ながいのりあき
ストーリー: 惠志 泰成
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年12月15日
ISBN: 9784092966178

6歳〜15歳
菊判・192P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

電気をめぐる、スリリングな学習まんが!

科学学習まんがの新シリーズ。電気とは一体何であるのか、あるのが当たり前である電気が、突然使えなくなったらどんなことが起きるのかを描く、手に汗握るストーリーです。読めば電気の本質がわかります。

電気をテーマにした、科学学習まんが・クライシスシリーズ最新巻。どんな人でも必ず毎日使っているのに、あまりに身近すぎて、その正体を知らない電気をまんがを読みながら理解することができます。
 ふつうの小学生・タクはある日、正体不明の高性能ロボット・ノアと出会い、「電気」とは何かを教わります。そして、偶然出かけたとある村が、自然災害による全面停電となります。
 電気の本質を学んだばかりで、多数の人間の命がかかった大停電の復旧をめざす主人公たち。緊迫した状況下で、彼らが選んだ方法とは?
 学習まんがの常識を打ち破るスリリングな展開と、記事ではなくストーリーで解説する学習内容は、お子さんがまんがを読み進めるうちに知らず知らずのうちに学べるようになっています。
 科学に興味はあるけれど、教科書や解説書が苦手、というお子さんにオススメのシリーズです。

ベストレビュー

読み応えありました。

最近科学漫画流行りなのかなというくらい、
様々な出版社から科学漫画のシリーズが出ています。
科学漫画大好きの小2の息子は片っ端から読んでいますが、
このクライシス・シリーズはなかなか読み応えがありました。
低年齢の子は、ハラハラドキドキするストーリーを楽しめますし、
高学年になれば、電気の知識を漫画でしっかり解説してくれます。

電気の仕組みは、いわゆる小学校で習うことだけでなく、
中学高校の科学で習うようなことまで奥深い。
電気がプラス極からマイナス極に流れていますが、
同時に電子はマイナスからプラスへ流れているなんてこと、
何十年かぶりに思いだしました。
勉強になりました。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

ながいのりあきさんのその他の作品

小学館版 学習まんが人物館 坂本龍馬

惠志 泰成さんのその他の作品

小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ 砂漠化のクライシス / 小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ 動物のクライシス 1 / 森のクライシス


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 電気 > 小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ 電気のクライシス

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【あすなろ書房】

小学館版科学学習まんが クライシス・シリーズ 電気のクライシス

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット