宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ミウの花まる夏休み
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミウの花まる夏休み

作・絵: きたじま ごうき
出版社: 汐文社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年06月
ISBN: 9784811322865

小学校低学年から
A5判 64頁

出版社からの紹介

ミウが池でつかまえた魚は、まさか新種!? 何を食べる?あれれ、動かなくなっちゃった!観察を始めて、ミウの毎日はワクワク、ハラハラ、新しい発見の連続。子どもたち心をワクワクさせる宝物が見つかる幼年童話です。

ベストレビュー

楽しい自由研究♪

小学2年生のミウちゃん
どこにでもいる普通の小学2年生のようです

夏休みの自由研究なんていうと
まじめに
かっこうのいい!?
形になったものを提出しなくちゃ・・・
というイメージなんでしょうか

マニュアル本もあるようですが
私は、その子らしい発見や気付きがあれば
まとまろうが
まとまらないが
いいと思うんです

大人は、見守るーだけで

の見本のようなお話なんです
それも、と〜っても楽しいんです

「新種」の魚を捕まえたミウちゃん

本当に新種なのかな?って
これがまた、おかしいんです
本当に研究なんですもの〜
ミウちゃんの視点だと思いますよ

なんと、作者さんの子どもの頃の経験が
いかされているようですよ
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きたじま ごうきさんのその他の作品

あたりかも / ほしのかえりみち / とっておきのカレー



絵本レビュー大賞、結果発表です!

ミウの花まる夏休み

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット