もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
大きなクスノキ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大きなクスノキ

  • 絵本
作: みその たかし
絵: さとう そのこ
出版社: 高陵社書店

在庫あり

大雪の影響による荷物のお届け遅延について

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年12月15日
ISBN: 9784771110205

判型:B5判 上製 ページ数:36ページ

関連するスペシャルコンテンツ


大きなクスノキには生き物たちがいっぱい!


あなたの気になる2016年の絵本は?


絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!


「クスノキさんを守りたい!」少女の思いが絵本に


『大きなクスノキ』みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

出版社からの紹介

ウタちゃんは小学校に入学したとき、お母さんからずっと昔から校庭に植わっているクスノキのことを教えてもらいました。
それからというもの、ウタちゃんはクスノキとお友だちになり、毎日クスノキの横に座って
「今日は逆上がりができるようになったの」
「うさぎちゃんが死んじゃったの」
「お友だちができたけど、けんかしちゃったの」
といろいろとお話ししました。
やがて、クスノキのそばで暮らしているセミさんやアゲハさんやヤマバトさんとも仲良くなりました。
ところが、ウタちゃんが6年生になった時です。
古くなった校舎を建て直すことになりました。
工事にあたってクスノキがじゃまになったので、クスノキを切り倒すという話が持ち上がりました。
それを聞いたウタちゃんはびビックリギョウテン。
ウタちゃんのクスノキ救出作戦が始まります。

大きなクスノキ

ベストレビュー

すごい!

私自身の母校にも、シンボルとなっているクスノキがあったので、その木がなくなったら残念という、主人公と同じ気持ちでどうなるのかと心配しながら読みました。
新聞への投書、署名を集めるという現実的な方法で大人に訴えかけ、実際に移植という方法に変更してもらった主人公の行動力がすごい。
どうせ無理だという考え方をするのではなく、まっとうな方法で行動にうつし、実際に上の人を動かしてしまう、素晴らしいことを教えてくれる絵本でした。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




ぷくっと、ふわっとしたドーナツ!作ってみよう

大きなクスノキ

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット