まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
どうぶつのおばけずかん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうぶつのおばけずかん

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 宮本 えつよし
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「どうぶつのおばけずかん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年02月
ISBN: 9784061996083

判型 A5 ページ数 80ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介



 「図鑑」という名前の童話、大好評「おばけずかん」シリーズの新刊です。
 それぞれのおばけが、どんなふうに怖いのか。そうならないためには、どうすればだいじょうぶなのかを、ユーモラスな短いお話仕立てで紹介しています。
 登場するおばけはちょっと怖いけど、ちゃんと対応してあげると、意外になさけなくて、かわいいところもあったりします。
 怖くて、笑えて、最後はホッとできる。「こわいけど、おもしろい」新しいおばけの童話シリーズ、最新刊です。
 本書は「動物」のおばけをテーマに、「ばけねこ」や「りゅうぐうがめ」など、オリジナルおばけのおはなし7話。「こわいけど、おもしろい!」一冊です。

ベストレビュー

子供が自分で読みやすい

小学1年の2学期、大ブームになっているシリーズです。
最初に息子からおばけずかんが流行ってると聞いた時は「怖くないの?」と思ったのですが、イラストはひょうきんだし、文章は短めで読みやすい。
裏表紙には「めずらしい・あぶない」などのバトルカードのような紹介もあり、子供が飛びつく要素が多いかもと思いました。
紹介されているお化けは、化け猫のように誰でも知っているものから、ヒジリーさんのように本オリジナルのものまでいろいろ。
全然怖くないのでお勧めです。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / ルドルフとノラねこブッチー / ほらふきカールおじさん ロシアのたび / のりものなぞなぞ / えんそくのおばけずかん おいてけバスカイド / おばけずかんカードゲーム

宮本 えつよしさんのその他の作品

どうぶつのおもちゃ / オリンピックのおばけずかん ビヨヨンぼう / こうえんのおばけずかん じんめんかぶとむし / キャベたまたんてい大ピンチ!ミクロのぼうけん / みんなのおばけずかん あっかんべぇ / オリンピックのおばけずかん



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

どうぶつのおばけずかん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット