まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
円周率の謎を追う 江戸の天才数学者・関孝和の挑戦
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

円周率の謎を追う 江戸の天才数学者・関孝和の挑戦

  • 児童書
作: 鳴海風
画: 伊野 孝行
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年11月25日
ISBN: 9784774325521

小学校高学年から
判型:四六判
本体サイズ:縦19.4×横13.5×厚さ1.9p
ページ数:208

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「しかし、だれも疑問に思わない円周率に、そこまで興味をもたれるとは、ほんとうに孝和どのはおもしろい人だ」

円周率3.14が、まだ使われていなかった江戸時代。円に魅せられ、その謎を解明しようとした数学者がいた。彼の名は、関孝和。

円周率の計算や、筆算による計算の発明など、数々の偉業を残し、日本独自の数学・和算を、世界と競えるレベルにまで押し上げた彼の、少年時代からの物語。

小学校5年生の算数の教科書(円の単元)に、必ずといっていいほど登場する関孝和ですが、その業績については、ほとんど触れられていません。彼の少年時代から壮年時代にかけての物語を通して、当時の数学・和算や関の業績について、わかりやすく伝えていきます。

関孝和を題材にした初めての児童書です。

ベストレビュー

追い求める夢

和算・・
この言葉を、私はこの本で初めて知りました。
また、この日本独自の数学「和算」が
江戸時代に、実は、世界の最先端を走っていたことも初めて知りました。

主人公の関孝和は
数学を極めるため、数学だけに没頭するのではなく
まず家族を大事にし、日々の生活を大切にしていたことにも
強く心を打たれました。

円周率の解を追い求める本筋もしっかりしたストーリーなんですが
ちょっとしたロマンスめいた展開もあり
最初から最後まで飽きさせない一冊です。


(やこちんさん 50代・ママ 女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鳴海風さんのその他の作品

咸臨丸にかけた夢 幕末の数学者・小野友五郎の挑戦 / 星空に魅せられた男間重富

伊野 孝行さんのその他の作品

昔話法廷 Season4 / 昔話法廷 Season3 / おしらさま / 昔話法廷 Season2 / 紙芝居 ぼうさまがくれた にわとり / 昔話法廷



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

円周率の謎を追う 江戸の天才数学者・関孝和の挑戦

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット