季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
いとしの毛玉ちゃん

いとしの毛玉ちゃん

  • 絵本
作: 室井 滋
絵: 長谷川 義史 むろい しげる
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年11月
ISBN: 9784323073637

24.6×21.5cm/32ページ

出版社からの紹介

室井滋と長谷川義史、初のイラスト共同制作!
ユーモラスな ネコたちと おばあさんの 心あたたまる おはなし

ぼくは毛玉だらけのネコ。ある晩、ぼくとミーコは家を出た。町はずれで古い家を見つけ、その家のおばあさんと暮らし始める。優しいおばあさんの役に立とうと、ぼくらは毛玉ショーに挑戦。思いやりの気持ちが心に響く絵本。

ベストレビュー

まるでフランス映画のような絵本

 女優の室井滋さんと絵本作家の長谷川義史さんがタッグを組んだ絵本も、もう何冊になるのでしょう。
 ところが、今回はどうも長谷川さんらしからない絵のタッチ。まあパンチはあるのだけれど、どうもおしゃれ。
 よくみると、絵は「長谷川義史&むろいしげる」とある。
 どのあたりが長谷川さんで、どの辺がむろいさんなのかわからないが、きっとお二人わいわいがやがや、描いたにちがいない。
 だって、今回の話、結構シーンとなるんだけれど、まるでフランス映画を観ているようなんだもの。

 タイトルにある「毛玉ちゃん」というのは、すっかり年をとった体じゅう毛玉いっぱいのおじいちゃんネコ。
 最近飼ってもらっている家の人からほめられないので、隣のミーコと家出をすることになった。
 ミーコというのもおばあちゃんネコで、ミーコは子ネコを9匹も生んでおっぱいもだらーんとなってブラジャーをはめさせられていたりする。
 その二匹のネコが迷い込んだのが、年をとったおばあさんのところ。(毛玉ちゃんたちとおばあさんがベッドで抱き合っている絵は本当に素敵です。この絵を見ているだけで、生きててよかったみたいな、いのちの尊さを感じます)
 やさしくしてくれるおばあさんのために、二匹のネコは暖かいかぼちゃのスープを飲ませてあげようとします。
 そして・・・。

 最後のページを閉じた瞬間、また最初から読みたくなる、これはそんな絵本。
 このコンビの絵もまた見たいと思います。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


室井 滋さんのその他の作品

しげちゃんの はつこい / 会いたくて会いたくて / ヤットコスットコ女旅 / すきま地蔵 / 室井 滋の てぬぐいあそび絵本 ピトトト トン よ〜  / しげちゃんとじりつさん

長谷川 義史さんのその他の作品

グーチョキパーのうた / NHK for School ミクロワールド(4) キラキラ  / NHK for School ミクロワールド(5) もの・体  / こたつうし / みどりのほし / ぼくは犬や



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

いとしの毛玉ちゃん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット