貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
いいにおいのおならをうるおとこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いいにおいのおならをうるおとこ

  • 絵本
文: ジル・ビズエルヌ
絵: ブルーノ・エッツ
訳: ふしみ みさを
出版社: ロクリン社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年12月23日
ISBN: 9784907542351

A4変 上製 36ページ

出版社からの紹介

ふしみみさを氏、最新翻訳作。

絶対ウケる、爆笑絵本!
おならで巻き起こる大騒動!!

中国の民話をもとにした、フランス発の作品。
変わり種の爆笑絵本です。

おはなし

あるところに、欲ばりな兄と正直な弟が住んでいました。
弟は何かに成功すると彼は兄に正直に報告します。
兄はすぐに弟の真似をしますが、いつも失敗。

ある日暖炉に落ちていた豆を弟が拾って食べると、
とんでもなくいいにおいのするオナラが出るようになり、
弟はオナラを売って大金を得ました。

それを聞いた兄は同じく豆を食べ、
意気揚々と伯爵のパーティーへオナラを披露しに行きます。
もちろん、そこでは大騒ぎが起きるのでした…。

いいにおいのおならをうるおとこ

いいにおいのおならをうるおとこ

いいにおいのおならをうるおとこ

ベストレビュー

読み聞かせで使ってます

最近、小学校での読み聞かせでよくこの絵本を読んでいます。
1年生でも6年生でも読みました。ちょっと長めのお話ですが、民話らしくわかりやすい内容なので、低学年でも喜んでもらえます。
やはり「おなら」のお話は盛り上がります。
絵も動きがあって、楽しい。超オススメです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子12歳、女の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ふしみ みさをさんのその他の作品

マルラゲットとオオカミ / あかがいちばん / ふるいせんろのかたすみで / こねこのプーフー(8) サンタさんに あったよ! / ゆきのひのおくりもの / パパ、サンドイッチ つくってあげる!



文字がないからこそ物語を想像して感動できる一冊

いいにおいのおならをうるおとこ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット