まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
オズのまほうつかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オズのまほうつかい

  • 絵本
文: 木坂 涼
絵: 朝倉 めぐみ
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,280 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年12月07日
ISBN: 9784577044209

4才ころから
28×22cm 34ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

数多い名作の中から、誰もが共感できる12の作品をセレクトした「ひきだしのなかの名作」シリーズ。
第3弾は、「オズのまほうつかい」です。

原典に忠実な再話文を木坂涼さんが、絵を繊細なタッチで独特の世界観を表現する朝倉めぐみさんが描いています。

アメリカのカンザスに住む女の子ドロシーは、ある日竜巻に襲われ、家ごと吹き飛ばされてしまいます。
家に帰りたいドロシーは、「オズの国」へ行くと叶えてもらえると聞き、かかし、ブリキの木こり、ライオンと、オズを目指して旅をします。

この作品が生まれたのは、1900年。今から百十数年前のことです。
出版されるやいなや、たちまち子どもたちの心を捉え、空前の人気作品になったそうです。

「オズのまほうつかい」というと、真っ先に有名な曲「Over The Rainbow」が思い浮かぶ人も多いのでは。それだけ、本よりも映画の印象が強い作品ですが、この絵本は原作に忠実に再話されています。
例えば、映画の影響で、ドロシーの履いている魔法の靴は「ルビー色」というイメージがありますが、原作では「銀色」となっており、この絵本の中でも銀色で描かれています。

シリーズを監修した、昭和女子大名誉教授で児童文学者の西本鶏介さんが、巻末で、こう書かれています。

― この空想物語のすばらしさは、主人公が王子さまや王女さまではなく、ドロシーという平凡で身近な女の子であり、不思議な国へ行くのに特別な手段を必要としないことです。(中略)物語の舞台が、いかにもアメリカ的な風土色にあふれ、大草原を開拓したヤンキーたちの心意気がドロシーたちの旅を通して、たくみに象徴されています。―

カンザスに行ったことがなくても、家が飛ぶほどの竜巻が起こる気候風土と、田園風景の中にポツンとある小さな家という舞台背景が、他のドイツやイギリスの児童文学とは違う、大地の広大さを感じることができます。
悪い魔女にひるむことなく立ち向かう、ドロシーと仲間たちの勇気とフロンティア精神を、絵本で改めて読み返してみてください。

(福田亜紀子  元絵本編集者)

オズのまほうつかい

出版社からの紹介

竜巻でとばされたドロシーと愛犬トトは、故郷のカンザスへ帰るため、オズの国をめざす。1900年に刊行され、アメリカでシリーズ1000万部を売り上げたフランク・ボームの原作を絵本化。

ベストレビュー

虹のかなたに素敵なことが

オズの魔法使いが本だったというのは、最近知りました。
14冊ものシリーズだと言うことも。
初めて映画で見たのは、とても幼い時でした。
ジュディー・ガーランドの昔の映画ですが、お話の内容は小さすぎたのでわかりません。
近いところでは、ダイアナ・ロスやマイケル・ジャクソンのWizが印象に残っています。
こんな風に映画しか知らなかったオズですが、
この絵本は絵もすっきりと近代的で、文章もわかりやすくて、
初めて子供に見せるのにはとてもよいと思えます。
こころや勇気や知恵を求めて進んでゆくドロシーたちのお話は、とても元気が出るお話です。

(capellaさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木坂 涼さんのその他の作品

おおきなおおきな木みたいに / OH NO! / おもいおいも / くるまがいっぱい! / ハロウィンの おきゃくさま / かわにくまがおっこちた

朝倉 めぐみさんのその他の作品

赤毛のゾラ 下 / 赤毛のゾラ 上 / 夢のひとつぶ / こんにちはアグネス先生 アラスカの小さな学校で / しゃっくりひめの びっくり / ノッポさんのえほん(8) やまのえかきさん



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

オズのまほうつかい

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット