宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
されどオオカミ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

されどオオカミ

  • 絵本
作・絵: きむら ゆういち
出版社: あるまじろ書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年10月20日
ISBN: 9784904387092

A4変型(245×210ミリ) 32ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

出版社からの紹介

主人公は、オオカミのボス、タオと、勇敢な若者、バートル。会うたび、争っていた二人の間にいつしか、友情に似たものが生まれてきたある日、事件が……。
どうしても、避けられない二人の戦いが始まり、戦いのあとに残ったものは? 読むたびに、自然と人間の共存の難しさを考えさせられる。

『あらしのよるに』(作画:あべ弘士)、『オオカミのごちそう』『オオカミのおうさま』ほか(絵:田島征三)、
オオカミのおはなしをたくさんつくってきた、きむらゆういち先生が自身のあらたなタッチで描きあげた。かわいらしい雰囲気の中にも静かな迫力をもつ、
モンゴルのオオカミと人間との関係を通して、これからの人間の生き方に問題を提起する作品。

されどオオカミ

ベストレビュー

幼児から少年になりかけている息子に読んでほしい

普段子供と一緒に読んでいる絵本では、大体オオカミは悪者で、最後には倒されてしまいます。
もちろんそういう勧善懲悪なお話に幼い頃から触れておくのは大切な事だと思いますが、6歳になる息子には「世界はそう単純な物ではない」という事をそろそろ知ってほしい。
雨が降ると「雨は嫌だね」と言い、虫が出ると「虫なんていなければ良いのにね」と言い、テレビに政治家が映っていると「この人は良い人?悪い人?」と聞いてくる息子よ。
世の中はもっと、もっと複雑なんだよ。

見方を変えると善悪も変わる。
地球では、全ての生き物が絶妙なバランスを保って成り立っている。
本当の強さとは何か。
子供にもこの本を通して、学び取る事がきっとあると思います。
(miki222さん 30代・ママ 男の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら ゆういちさんのその他の作品

ちょっとだけ ちょっとだけ / 歌舞伎絵本 あらしのよるに / ねこねこたんてい なぞときダヤン バニラをすくえ!! / ざっそうweeds / 贈るえほん いくつになっても / 贈るえほん つたえたいことば



>絵本エイド ―こころにひかりを―

されどオオカミ
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット