新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
世界の難民の子どもたち(1) 「アフガニスタン」のアリの話

世界の難民の子どもたち(1) 「アフガニスタン」のアリの話

  • 絵本

作品情報

発行日: 2016年10月
ISBN: 9784843349885

この作品が含まれるテーマ

内容紹介

アフガニスタンから逃れてきた10歳の難民アリの体験した本当のお話。他国に逃げてきた子どもやその家族がこうむるであろう疎外感や、一家離散の苦しみ、悲しみ、困難をのり越えていくための一筋の希望を語る。

ベストレビュー

親と引き離されて

世界には6530万人の難民がいると聞いて、その数の多さに驚きます。
そんな難民の子どもたちを取り上げたシリーズの1冊です。
扮装地帯のアフガニスタンから、ヨーロッパに逃れたアリ少年ですが、パスポートを持っていなかった両親とは空港で引き離されて、おばあさんと二人暮らし。
この無情にはがっかりしました。
両親と再会できるまでは、アリの心に平和は訪れないのでしょうね。
なかなかヨーロッパの子どもたちと打ち解けないと言うことは、頭でしか理解できないけれど、言葉の壁、文化の壁、異端であるという存在の壁が子どもたちの残酷さの中にあるのでしょう。
正義の味方が大好きというアリ少年。
やっつけたい悪者がいっぱいいるのでしょうね。
電話で両親の無事が確認できた安堵でお話が終わりますが、一日でも早く一緒に暮らせる日が来ることを祈ります。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました

難民を助ける会さんのその他の作品

世界の難民の子どもたち(2) 「イラン」のナビッドの話 / 世界の難民の子どもたち(3) 「エリトリア」のハミッドの話

アンディ・グリンさんのその他の作品

世界の難民の子どもたち(5) 「ユーラシア」のレイチェルの話 / 世界の難民の子どもたち(4) 「ジンバブエ」のジュリアンの話

岩田佳代子さんのその他の作品

「なぜ?」「どうして?」がよくわかる わくわく科学実験図鑑 / キッチンではじめる家庭菜園 / えほん 魔女のひみつ


絵本ナビホーム > 一般 > 全集・双書 > 政治-含む国防軍事 > 世界の難民の子どもたち(1) 「アフガニスタン」のアリの話

町のかわりものアーサーが神話のせかいで大かつやくする 冒険ファンタジー!!

世界の難民の子どもたち(1) 「アフガニスタン」のアリの話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット