虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
子どもの本のよあけ ―瀬田貞二伝
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもの本のよあけ ―瀬田貞二伝

著者: 荒木田 隆子
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥3,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年01月15日
ISBN: 9784834083156

ページ数:504 サイズ:21X16cm

出版社からの紹介

絵本やファンタジーの翻訳と評論に、古い時代の日本の子どもの文化の研究に、常に温かく豊かな眼差しを注いだ瀬田貞二氏。担当編集者として関わった著者がその仕事の数々を語ります。

ベストレビュー

次の世代にも良質な文化を

読み始めて私が瀬田貞二さんという名前を心に刻んだのは、いつだったのだろうと思った。

佐藤さとるさんの『ファンタジーの世界』を読み『ナルニア国物語』を知り、その本を読んで物語の持つ圧倒的な世界観に魅了され、翻訳家としての瀬田貞二さんを知ったのだと思う。

子育てを通して絵本の世界をもう一度自分の生活に取り戻した私は子どもと一緒に瀬田貞二さんの作品を読みつくした。

名作と呼ばれるものに共通するのは、魂のこもった生きた言葉なのだと思う。

『子どもの本のよあけ』を読みながら、瀬田さんの言葉をよく記憶して伝えてくださってありがとうと何度も思った。

「私は自らのあらゆる作品と能力と時間を、子どもたちに開放しなくてはならない」という瀬田さんの言葉がカバーに書かれているが、その言葉を読んだ時に涙が出た。

私たち大人はすべて次の世代に子どもたちに良質な文化を残すことを使命としなくてなならないのではないだろうか。

瀬田貞二さんからもらった命のバトンを縁のある子どもたちに渡していきたいそんな気持ちになった。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 子どもの本のよあけ ―瀬田貞二伝

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

子どもの本のよあけ ―瀬田貞二伝

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット