にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: たしろ ちさと
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年03月17日
ISBN: 9784865490978

小学校中学年から
21×15p・112頁

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

緑ゆたかな、テンテル山の中腹に建つ、古い洋館「スギナ屋敷」。
そこには、お料理のだいすきな「オバケさん」が住んでいました。
オバケとはいっても、本物のオバケではありません。
緑のベレー帽がトレードマーク、オバケさんというあだ名で親しまれている彼、「オバ ケンイチロウ」は、町の料理研究家なのです。

そのあだ名のせいで、本物のオバケたちに仲間だとかん違いされているオバケさん。
今度はなんと、いじわるキツネから化かし合いの決闘を申し込まれることに!?

テンテル山のオバケたちと、スギナ屋敷に住む人間「オバケさん」がまき起こす、ゆかいな騒動を描くシリーズ二作目!

ふわふわモコモコ、シフォンケーキのオバケ、シフォンくん。
タヌキが化けた女の子、タヌダちゃん。
前作のオバケたちはもちろん、今回もあらたなオバケと、そしてなんと、かわいらしい人間の(?)ご近所さんも登場!
ますますにぎやかになるテンテル山の面々に、目が離せません。

前作にひきつづき、料理研究家であるオバケさんの作る料理はやっぱりおいしそう!
しぼりたてのオレンジジュース、フレンチトースト、カリカリのベーコン。
朝から楽しそうなオバケたちに囲まれ、自然豊かなテンテル山で食べる、オバケさんの料理。
こんなにワクワクさせてくれる朝食って、他にあるでしょうか?
想像するだけで、今日一日がいい日になるような心地にさせてくれます!

さて、決闘を理由にエスカレートするいじわるキツネのいたずらは、とうとう一線を越えてしまいます。
ふだんは温厚なオバケさんも、ついにはカンカン、怒り心頭!!
髪も逆立ち、ベレー帽から湯気の立つほどの激怒です!

化けることなんてできないオバケさんと、いじわるキツネの化かし合いの結末やいかに!?

(堀井拓馬  小説家)

スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ

出版社からの紹介

料理研究家のオバケさんは、オバケではありません。本名が尾羽健一郎(おばけんいちろう)。だから、オバケさんと呼ばれています。ひょんなことから引っ越してしまったオバケ屋敷でも、屋敷のオバケたちは、勝手にオバケさんを本物のオバケだと思い込んでいました。

ある日、そんなオバケさんに、いじわるなキツネが化かしあいを挑んできました。オバケさんには争う気もなかったのですが、キツネにさんざんな目にあわされて…。さあ、オバケさん、どうするの?

ベストレビュー

「山場早月」さんはやまんば?

富安陽子さんの新シリーズ。
「スギナ屋敷のオバケさん」の2巻目です。
オバケさんというのはあだ名で本名は尾羽健一郎とう名前の人間ですが、それを信じないスギナ屋敷のオバケたちとオバケさんの楽しいおはなしです。

今回は勝手に“術比べ”を申し込んできて、意地悪ないたずらを重ねるスミ丸ギツネの登場で、オバケさんはへとへとです。
そんな時、スミ丸ギツネのせいで道に迷ったオバケさんを助けてくれた西の谷に新しく引っ越してきたという山場早月さん。
彼女の協力で、オバケさんはキツネのいたずらをやめさせるべく、奮闘します。

あたらに登場したこの「山場早月」さんは人間なのか、オバケ(山姥)なのか。これから徐々にわかってくるのではないかと思います。

でも、やっぱり富安さんのおはなしは面白いです。
物語の世界がどんどん見えてきて、おはなしの中の登用人物たちと同じものを見たり感じたりしている気分になれます。
読みやすくて楽しいおはなしです。小学校の中学年くらいのお子さんたちからお薦めです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

絵物語 古事記 / サラとピンキー ヒマラヤへ行く / オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ / 妖怪一家九十九さん(6) 妖怪一家のハロウィン / サラとピンキー パリへ行く / 天の川のラーメン屋

たしろ ちさとさんのその他の作品

きょうりゅうオーディション / すずめくんどこでごはんたべるの? / スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し / どんな いちにち / ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに / こんくんのおんがくはっぴょうかい



あの漢字検定が絵本を出版!?

スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット