なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
マルの背中
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マルの背中

著: 岩瀬 成子
絵: 酒井 駒子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年09月
ISBN: 9784062200639

168ページ

出版社からの紹介

「子供のころに、言葉にできなかったたくさんの気持ちが、言葉になって、ここにある。」江國香織氏絶賛!

ベストレビュー

すごいなぁ、岩瀬成子

岩瀬成子という作家は知っていた。だが、心の中で敬遠する気持ちが働いてなかなか読めなかった。

読み始めてやはりというのか、落ち着かないざわざわした感じが心を占めてきた。

主人公の亜澄が母に一緒に死のうかと言われる書き出しからも覗える貧困家庭。一体この子はどうなってしまうのか?

大人は知っているのだろうか?子どもが実はとても大人を気遣って生きていることを。

大人は知っているのだろうか?子どもにも土足で踏み込まれたくない気持ちがあるということを。

大人は思い出すことがあるのだろうか?かつて自分が子どもだったということを。

読み終わった時、ケストナーの『飛ぶ教室』の書き出しを読み返していた。

次の日もう一度『マルの背中』を読み返してみた。そうして子どもの頃思っていたことを思い出した。大人になっても子どもの気持ちを忘れない大人になりたいと思っていたことを。

子どもにも子どもの悲しみがある。子どもにも子どもの心の世界がある。

読みながら私に問いkかけてきたのは、心の奥に住んでいる自分自身の子どもの心だったのかもしれない。

すごいなぁ、岩瀬成子。こういう作品書く人なんだと打ちのめされ、他の作品も読んでみたくなった。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

岩瀬 成子さんのその他の作品

講談社文庫 100万分の1回のねこ / 地図を広げて / ともだちのときちゃん / ちょっとおんぶ / あまからすっぱい物語 2 おとなの味 / ぼくが弟にしたこと

酒井 駒子さんのその他の作品

ねえさんといもうと / RDGレッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴 / 森のノート / カーネーション / 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと / 子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

マルの背中

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット