せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
あめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あめ

  • 絵本
作: イブ・スパング・オルセン
訳: ひだに れいこ
出版社: 亜紀書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年02月13日
ISBN: 9784750514970

B5変型版 上製 32頁

出版社からの紹介

あめが どうやって ふるのか しってるかい?
これは ぼくたち あまつぶの ぼうけんの おはなし

「国際アンデルセン賞」の絵本作家、「つきのぼうや」で知られるオルセンの名作が初邦訳!

あるあめのひのことです。シャロッテがまどのそとをみていると、おおきなあまつぶがふたつ、いえのなかにとびこんできました。「やあ、ぼくはあまつぶのバラバラ」「おいらはボトボト」「ぼくたちが、どうやってここまできたのか、おしえてあげる」。こうして、バラバラとボトボトのふしぎなぼうけんのおはなしがはじまります。

ベストレビュー

雨粒の冒険

表紙の雨降りに傘を差さずに雨の中を歩く女の子の緑色の帽子

が爽やかだなあと思って図書館から借りてきました。

子供は、雨の中ではしゃいで楽しく過ごしているなあと思いました

眼鏡をかけたバラバラと、ポトポトと一緒に冒険をして、知識が

得られそうです。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イブ・スパング・オルセンさんのその他の作品

ネコの住むまち / ぼくのあかいボール / かぜ / 福音館文庫 親指姫 アンデルセンの童話1 / 福音館文庫 人魚姫 アンデルセンの童話2 / 福音館文庫 絵のない絵本 アンデルセンの童話4

ひだに れいこさんのその他の作品

なぜイヌの鼻はぬれているの? / キュッパのおんがくかい / キュッパのはくぶつかん / ハエのアストリッド / エレンのりんごの木



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

あめ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット