にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
ミツバチぎんの おくりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミツバチぎんの おくりもの

  • 絵本
作: 西本 鶏介
絵: おぐら ひろかず
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年03月08日
ISBN: 9784790253211

5歳から
21.3×26.3cm 28ページ

みどころ

ある夏の日。
一人で暮らすバイオリン弾きのおじいさんのもとに、一匹のミツバチがやってきました。
おしりの黒い線の一本がなぜか銀色なので、名前は「ぎん」。
ぎんがはげしく羽を震わしたその音は、バイオリンの音にそっくりなのです。
ぎんは言いました。

「この くさはらの はなが かれるころ
わたしの いのちも おわりです。
たいせつな みつを くれた はなたちに
おれいの おんがくを おくりたいのです」

ぎんは、花たちのために演奏する曲を学ぶため、
天気のいい日は毎日バイオリン弾きのもとに通いました。
演奏する曲に耳を傾けて、ときどき曲に合わせて羽を動かし、音を鳴らして…。

そこには、信頼に満ちた幸せな時間が流れていました。

しかし、突然ぎんが姿を見せなくなりました。
心配になったバイオリン弾きが、ぎんを探して雑木林の奥で見たものは――

大きな喪失を伴う悲しい物語に、大人も子どもも、きっと心揺さぶられることでしょう。

大切な人を失う喪失感、
志半ばで命が尽きてしまう無念さ…。

とても悲しみの大きい物語なのに、読み終わった後、不思議と心が温かくなるのはきっと、
おぐらひろかずさんが描く絵に、光があふれているから…。

タイトルの「ミツバチぎんのおくりもの」にある、ぎんがくれた「おくりもの」って何だったんだろう?と、話し合ってみるのもいいかもしれません。

(洪愛舜  編集者・ライター)

ミツバチぎんの おくりもの

出版社からの紹介

バイオリン弾きのおじいさんはひとりぼっち。ある日、1匹のミツバチがやってきておじいさんに羽でひけるバイオリンの曲を教えてほしいと言います。ミツバチは一生懸命、練習を重ねますがある日突然、姿を見せなくなってしまいます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西本 鶏介さんのその他の作品

ヘンゼルとグレーテル / さんびきのくま / あかずきん / シンデレラ / しあわせなおうじ / はだかのおうさま

おぐら ひろかずさんのその他の作品

くまくんとうさぎくん くもようび / うしの土鈴とうさぎの土鈴 / にじ・じいさん にじはどうやってかけるの? / ぼく、まってるから / くませんせいあらしのもりへ / みどりのふえ



永遠のウルトラ少年・少女たちへ捧ぐ!ウルトラセブン絵さがし本

ミツバチぎんの おくりもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(3




全ページためしよみ
年齢別絵本セット