新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

流木のいえ

流木のいえ

  • 絵本
作: 石川 えりこ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2017年02月21日
ISBN: 9784097266969

3歳〜12歳 一般
AB5判・32P

出版社からの紹介

流木と絵かきが織りなす月夜のファンタジー

第46回講談社出版文化賞絵本賞受賞作家、石川えりこがつむぐ創作絵本。浜辺に流れついた流木たちが、絵かきに思い出話を語ります。流木たちのかつての姿は―?月夜に読みたくなるやさしくあたたかなファンタジー。

海のそばにくらす絵かきは、海岸に流れついた流木をたいせつにかかえて、いえへかえります。そして、流木たちと心を交わし、色をぬってやると、流木たちはかつての姿を取り戻すのです。
それは、青い馬、オオカミ、トナカイ、じゃんけんするこどもたち――。流木たちはそれぞれの生い立ち、冒険、そして思い出を絵かきに語りはじめます。
そして、ある満月の夜、流木たちは・・・・・・。

第46回講談社出版文化賞絵本賞受賞作家がつむぐ、やさしくあたたかな月夜のファンタジー。

流木のいえ

流木のいえ

ベストレビュー

感謝がつながっていく               

この絵本が出た2017年にある雑誌に作者の石川えりこさんはこんなことを綴っています。
 「小さなころ、誕生日や父のお給料日には必ず街の本屋さんへ連れて行ってもらい、本を一冊買ってもらいました。(中略)そうやって私の本棚には、「とくべつな本」が一冊ずつ増えていきました。」(月刊「こどもの本」2017年10月号)
 石川さんは昭和30年生まれですが、その頃のこの国はまだそんなに豊かではありませんでした。
 つぎあてをした服や鼻水にてかてかになった袖口の服など当たり前であったそんな生活で、きっと石川さんのようなお父さんがいること自体とても恵まれたものだったと思います。
 お父さんがどのような大人になることを娘に願っていたのかわかりませんが、少なくともそうやって読んできた本たちの結晶がこうして一冊の絵本になったのですから、本の力、お父さんの優しさはすごいものだと思います。

 そして、もう一人、この絵本に影響を与えたのが絵本作家の田島征三さんでした。
 先の雑誌の中で、田島征三さんが新潟に美術館の立ち上げる準備をした際に手伝いをしたことが書かれています。
 海に流れついた流木で何かを創り出す、この絵本に出てくる絵描きは田島征三さんがモデルだったみたいです。

 絵本の最後に書かれた石川さんのメッセージ、出会った本と出会った絵描きへの感謝の意味がこれでわかりました。
 そして、そんな石川さんが描いた絵本に読者もまた感謝です。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石川 えりこさんのその他の作品

はだしであるく / 庭にくるとり / コンコンきつねの おにはそと / ほんやねこ / うさぎとハリネズミ きょうも いいひ / とどけ、サルハシ!



2022年読書感想文課題図書でもある写真絵本

流木のいえ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット