宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
カレー地獄旅行
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カレー地獄旅行

  • 絵本
作: ひげラク商店 安楽 雅志
出版社: パイ インターナショナル パイ インターナショナルの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年02月09日
ISBN: 9784756248435

3歳ぐらいから
A4判/297×210mm/32P

関連するスペシャルコンテンツ


『カレー地獄旅行』 「ひげラク商店」安楽雅史さんインタビュー

出版社からの紹介

きっと残さず食べたくなる。コワくて笑える激辛食育絵本。
みちひと君はカレーが大好き。でも野菜は捨てちゃえと手を伸ばすと、なんとカレーの中に吸い込まれてしまいます! 気がつくと、怖い顔をしたエンマさまによる「さばき」が始まり……。真っ赤な鉄鍋地獄にギョッ、くすぐり茄子の刑で泣き笑い、ルーの滝修行で大反省。はたしてみちひとくんは無事におうちに帰れるのでしょうか。飲食店の看板制作で培った迫力あるイラストによる、おそろしくもどこか愉快な「地獄」の世界。読んだ後にはきっと、おうちのカレーを残さず食べたくなる絵本です。巻頭と巻末にはそれぞれ「カレー地獄温泉郷MAP」と「カレー地獄商店街おみやげ案内」を掲載。地獄のスパイスをすみずみまでお楽しみください。

カレー地獄旅行

ベストレビュー

強烈!

全頁試し読みで読みました。とても強烈なタイトルと強烈なインパクトのあるいかにも激辛な絵に、ちょっと苦手な私なので引いてしまいました。怖くて笑える激辛食育絵本と書いてあるように、そのものでした!
でも何でも残さず食べる私だからか、どこか安堵しながら読めたのがよかったです。小さい子ならきっと野菜嫌いな子ならこの絵本を読んだ後は、残さずに食べると思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

カレー地獄旅行

みんなの声(13人)

絵本の評価(3.86

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット