はずかしがりやの しろうさちゃん はずかしがりやの しろうさちゃん  はずかしがりやの しろうさちゃん の試し読みができます!
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
海辺の村のおばあちゃんの家ですごす夏休みのお話。はずかしがりやのこどもの気持ちを、丁寧な絵で描いた絵本。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ふしぎな話 迷い家
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふしぎな話 迷い家

  • 児童書
編: 日本児童文学者協会
絵: 平尾直子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年03月01日
ISBN: 9784035396505

小学校高学年から
116ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

古典をモチーフにした4つの物語を収録。不思議をテーマにしたそれぞれの作品の最後に著者メッセージ、巻末に古典への読書案内を掲載した。

ふしぎな話 迷い家

ベストレビュー

古典をベースにした物語競演

「古典から生まれた新しい物語」という響きに惹かれて手に取った本に四つの短編が収録されています。
内容とタイトルから原作を想像するには、知っている物語でないと解らないのですが、それぞれに楽しめました。
「三びきの熊」は、そのまんまではありますが、その後の女の子の事にもふれ、素敵なメルヘンになっています。
一番気に入ったのは標題にもなっている「迷い家」。京極さんの絵本とは全く違うテイストで、薄寒い不気味さが印象的です。
「やねうらさま」は、サキの短編集の方があくが強いように思いました。
「魚心あれば」は、こそばゆいような物語ですが、基になった作品が全く想像出来ませんでした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日本児童文学者協会さんのその他の作品

真夜中のキョーフ / やがて、物語は逆転する / そして、物語は決着する / さらに、物語は迷いこむ / きっと、物語はよりそう / 迷い道へようこそ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

ふしぎな話 迷い家

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット