ロングセラー
どんぐりむらのいちねんかん

どんぐりむらのいちねんかん(学研)

プレゼントキャンペーン〆切迫る!あたらしい年に読みたい1冊!

  • 学べる
  • 役立つ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ネコの住むまち

ネコの住むまち

  • 絵本
作: イブ・スパング・オルセン
訳: ひだに れいこ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年02月23日
ISBN: 9784776407904

小学校低学年
26×20cm 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

コペンハーゲンにある、おおきなマンション。
そこに、ラウラ、ラッセという名前の姉弟が引っ越してきました。
見るものなんてなにもない、退屈なばかりの場所にきてしまったと嘆くラッセ。
そんな弟を慰める姉のラウラですが……
気づくと、ラッセが姿を消してしまいました!

弟の後を追って、町をさまようラウラ。
そこで出会うのは、ラウラと同じマンションに住む子供たち、奇妙なおとなたち、そして、たくさんのネコたち。
彼らにいざなわれて町をゆくラウラを待っていたのは、奇想天外な大冒険でした!

デンマークにおいて広く親しまれ、だれもがその絵を目にしたことがあるという画家、イブ・スパング・オルセン。
国際アンデルセン賞受賞作家であり、『つきのぼうや』(福音館書店)など、日本においてもコアなファンの多い絵本作家です。
そんなオルセンの絵本『ネコ横丁』(文化出版局 )を、新訳で復刊したのが本作『ネコの住むまち』!
あらたなイラストも追加されて、ラウラの冒険の舞台がさらに広がりました。

奇妙なベッドを売っている家具屋さんや、壁や天井を歩くための靴を売っている靴屋さんが、軒を連ねる通り。
おんぼろ小屋のドアをあければ、カウボーイがゆきかう草原あり、絨毯の中に飛びこめば、そこにはアフリカのジャングルが!
元海賊のおじいさんに招かれて扉を抜けると、なんとそこは大型船の甲板の上! まわりには、大海原が広がっています。

いったいなにがどうなってるの!?
魔法にでもかけられたような町のようすに、混乱するラウラ。
でも、子どもの空想が現実になったようなこの町では、退屈なんてしているヒマなんてなさそう。
なにはともあれ弟を捕まえなくちゃ!
さあ、ラウラといっしょに猫を抱き、不思議な町の冒険へ!

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

ラウラとラッセの姉弟は、コペンハーゲンにある大きなマンションに引っ越してきた。窓から見えるのはネコがたくさんいる不思議な家と、古いまち並み。二人は遊びに出かけますが、途中でラッセがいなくなりました。弟を見つけようとラウラはまちを探検します。ところが、そこには想像を超える冒険が待っていました……。

ベストレビュー

挿絵が多めの童話

絵本だと思って借りてきたのですが、かなり文字が多く、(しかも小さく)「童話」という感じでした。
そもそも絵本と童話の区別があるのか・・・という話ですけど。

ヨーロッパの田舎町のような感じでイラストは好きなのですが、息子はぱらっと見るぐらいで、「読んで」とは言いません。
絵があまり子供向きではないのかも。

(ミキサー車さん 40代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イブ・スパング・オルセンさんのその他の作品

くまのピエール / ぼくのあかいボール / あめ / かぜ / 福音館文庫 親指姫 アンデルセンの童話1 / 福音館文庫 人魚姫 アンデルセンの童話2

ひだに れいこさんのその他の作品

My Child わたしの子 / なぜイヌの鼻はぬれているの? / キュッパのおんがくかい / キュッパのはくぶつかん / ハエのアストリッド / エレンのりんごの木



装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

ネコの住むまち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット