ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
くまさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くまさん

  • 絵本
詩: まど・みちお
絵: ましま せつこ
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年02月25日
ISBN: 9784772102353

2歳から
20 × 21 cm 24ページ

みどころ

雪がのこる、春まだ浅い野山。
大木の根元の穴から、くまの親子が顔をのぞかせています。

「はるがきて めがさめて
くまさん ぼんやり かんがえた
さいているのは たんぽぽだが
ええと ぼくは だれだっけ」

104歳まで詩を作りつづけ亡くなられた詩人、まどみちおさんの詩に、ましませつこさんが心をこめて絵を描いた絵本です。

いのちが生き生きと息をふきかえしていく春。
冬眠からめざめて、巣穴からはい出したこぐまの、ちょっととぼけた「ええと ぼくは だれだっけ」「だれだっけ」のくりかえしで、しだいに胸のなかに何かがめざめていきます。
「そうだ ぼくは くまだった」

自分が自分であるという素朴なよろこび!
まどみちおさんの口ずさみたくなるような詩が、心にふくらんでいく思いを受け止めてくれます。
ことばがやさしく胸にしみこみ、思わずにっこり笑顔になってしまう愛らしい絵本です。

『ママだいすき』『ねえあそぼ』など、まどみちおさんと絵本を作ってこられたましませつこさん。
ましまさんご自身も大好きな詩「くまさん」を絵本にするにあたり、場面展開や子ぐまのしぐさなどひたすら考えて制作されたそうです。そして、もこもこの子ぐまの毛並みを表現するため、着物の型染め用の小さい刷毛で描かれたそうです。
山形の雪国育ちであるましませつこさんだからこそ、肌寒い早春の野山と、春がきたよろこびを体で知る子ぐまを、ほのぼのとした味わいで描けたのかもしれません。

本をひらくひととき、子ぐまになったつもりで楽しんでくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

くまさん

くまさん

出版社からの紹介

「はるがきて めがさめて くまさんぼんやり かんがえた さいているのは たんぽぽだが ええと ぼくはだれだっけ だれだっけ・・・」
春の暖かさに誘われ、冬ごもりの穴から出てきたこぐま。まだ覚めない頭で「ぼくはだれだっけ」と考えますが・・・。
まど・みちおの詩にぴったりのほのぼのとした絵がつきました。春が来た喜びがどのページからも伝わってきます。

ベストレビュー

心地よい詩

まどみちおさんの詩を、そのまま絵本にしています。
ゆっくりとページをめくりながら、優しいタッチの可愛らしいくまさんと、そこに広がる風景を眺めると、暖かくなった春を存分に味わえます。
また、リズムの良い詩なので、声に出して読んだり、聞いたりするのが、とても心地よいです。
我が家の息子は本を読むのが苦手なので、彼の音読練習にもぴったりかも。
ゆったりした気分で味える、素敵な絵本だと思います。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子13歳、女の子10歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


まど・みちおさんのその他の作品

てんぷらぴりぴり  / ぞうさん / まどさんからの手紙 こどもたちへ / 大震災 日本列島が揺れた / くうき / 一ねんせいになったら

ましま せつこさんのその他の作品

うめぼしさん / おいしいよ / むくむく もごもご / てんさらばさらてんさらばさら / このへやあけて / ねぇ あそぼ



【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

くまさん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット